ヴィナス戦記の作品情報・感想・評価

ヴィナス戦記1989年製作の映画)

The Venus Wars

製作国:

上映時間:103分

3.2

「ヴィナス戦記」に投稿された感想・評価

前見たクラッシャージョーよりも楽しめました!もう遊びがない分作画の凄さを堪能できました。
これ全部手で描いていたのだよなぁ
主人公が敵に降伏させられるのは嫌だし味方に使われるのも嫌というキャラなのが良いですね、(味方のボス的な人が主人公のライバルキャラなのがGood)
街の造形や破壊描写には目を見張るものがあったが、キャラクターの魅力が圧倒的に乏しい。たとえ類型的であっても各々キャラが立っていたクラッシャージョウとはえらい違いだ。少年隊・植草の声も全然よろしくない。荒野の実写合成も今見るとダサダサ。
ヒロインが飼ってる猫が可愛いのが良かった。
3100

3100の感想・評価

3.2
話の唐突感がたまに目につくけど、生き生きとした各コマの描写が素晴らしい。
2回観て各キャラの言動に一定の納得感が出たけど、初回だけだとぼやけた印象は拭えなかった。イシュタル司令官との対決はもう少し膨らみがあっても良かったのではないかと思う。

アニメに実写を混ぜた演出手法は実験的だってのか、今見ると受け入れづらい。

おやっさん。。
仁多

仁多の感想・評価

-
2019/08/17 大森
なんかストーリーはイマイチでした
joujim

joujimの感想・評価

5.0
当時はイマイチ盛り上がらないラストだなー、敵の将軍は変な死に方してるしー、と思ってました。が、今、観ると面白い!何事にもイライラしている主人公が、反発しながらも、それが正しいのかも分からないまま、有り余った自分のエネルギーを何かにぶつけていく。これってオネアミスの翼でもあったような気が。学生運動経験者の安彦さんだからでしょうか。しかし、この後はすっかりマンガの人になってしまうんですよね…
リバイバル上映で鑑賞。
ストーリーは少し物足りないけど、アニメーションの素晴らしさは流石ですね。
マジオススメなんで、観てください。最近ソフトとして復活した作品らしいです。こんなすげぇアニメ映画を封印してたなんてもったいないわ!!

超絶本気で作られた80年代ロボットOVA的劇場アニメーション大作。豪華すぎるOVA(映画)って感じかな、イズムが。世界観も曲使いもOVAチックながら作画レベルは劇場アニメ用でハンパない。あっ、ちなみに人型ロボットは出ませんが、むっちゃカッコいい戦闘用のビークルが出まくります。

架空戦記… 植民惑星… 暴走族… 市街戦… レジスタンス… 戦車… バイク… 全ての要素がドンピシャに俺の好みっすわ。

ガンダムの宇宙世紀シリーズのキャラデザで有名な安彦良和が監督している!もちろん今作におけるキャラデザも安彦氏が担当しており、画風的にはF91を想像していただきたい。あーやっぱ魅力的やわ。

そしてなにより、乗り物から銃まで、メカニックデザインが1から1000まで好みすぎる。眼福オンパレード。

後半にあるの実写の景色映像と作画を合わせたシーンは突飛だったが、観てるうちに戦場の恐ろしさが感じられてくる効果的なシーンだった。

たぶん俺だけだと思うけど、サンライズ製ロボットアニメやロボットOVA好きの私からすると、AKIRAやジブリ作品よりも断然好きです。良すぎ。

少しだけメガゾーン23感ある。
KUJIRA

KUJIRAの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

劇場で観た時は、そこそこ楽しめた記憶がある。思い出補正だろうか、大人になったからなのか、酷い。
実は、当時の特集本が未だにあるのだが、これを機に処分する。
今の時代に観ると大した事無いが、動きは悪く無い。人間のキャラクターとメカデザインは素晴らしい。
それ以外に何も無い。

兎に角、脚本が悪い。話にまとまりが無い。リアルな戦争物なのか、少年少女の青春なのか。シリアスなのかコメディタッチなのか。作風すら迷走している。

キャラクターが何をしたいのか全く伝わって来ない。主人公はずっと拗らせている。余りにも台詞が少な過ぎる。ド素人の少年隊を起用したツケか。この時代に、アイドルを起用してしまうと言う大胆さは、評価されるべきなのかも知れない。個人的には、何でも畑違いの人が出しゃ張るべきではないと考える。
登場シーンの少ないキャラの薄いヒロイン。ギャーギャーと騒騒しいジャーナリスト。ドSのチームボス。どの女性キャラも描写が足りないのが残念。
男のキャラは、さらに描き足りないのだが、後半に出て来る敵のボスと味方の指揮官はまずまず。塩沢兼人に池田秀一が堪らん。
歌とBGMは、古臭過ぎて萎える。流れる度に違和感が。
DVD化を拒んでた安彦さんの気持ちが分かる。
冒頭でジャーナリストの女が、「パンティも脱げ」と兵士に言われて「地球ではスキャンティって言うのよ。覚えておいて。」と発言した事に時代の移り変わりをを感じた。
agasa

agasaの感想・評価

3.0
作画は素晴らしいんだけど、どうも人物描写が足らない感じがして、感情移入しずらかった。
30年以上前の映画だし、公開当時は大コケして安彦良和監督も封印してた作品らしく、最近になってやっとブルーレイ化されたからこの流れでぜひ連続アニメで観てみたいです。
>|