太陽と月に背いての作品情報・感想・評価

「太陽と月に背いて」に投稿された感想・評価

「ハゲ」「醜い」「心も醜い」みたいなことを言ったかと思えば「見捨てないで、ごめんなさい」って泣いたりして心を乱されるのですが、相手を試すことでしかコミュニケーションが取れないディカプリオに我々は並々ならぬ儚さを感じるわけです...
主人公のデビシュが奥さんに暴力ふるったり、働かない理由をずっとコミューンのせいにしたりでマジ甲斐性なしのクズすぎてビビる!
レオ様もかなり社会性に欠けた言動が多く、なんか...どうなの?って感じだったけど、あまりのデビシュのダメ男っぷりにうんざりしだしてて笑っちゃった

それなのにラストのナイフのシークエンスと、『見つかった』『何が?』『永遠が』のシーン(『気狂いピエロ』『山椒太夫』のやつ)はちょっぴり泣けちゃうんだからズルいね

散々レビューされてるけど、やはりレオ様の美しさは異常
ビジュアルも強烈だけど、この年頃でここまで体当たりの演技をできたっていう子は少ないんじゃないだろうか?
言葉にできないけど、美しいだけじゃなくって、なんかものすごく妖艶な感じがした
既婚の男が揺らいじゃうのも納得できちゃう...笑
Ray

Rayの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ランボーとヴェルレーヌの愛の物語。
欲を言えばランボーの詩をもう少し聞きたかった。

最高に輝いてる時のレオが、美しく残酷な天才を見事に演じきってます。
お顔が美しいのはもちろんなんですが、少年のような天真爛漫さ、自分が天才であるが故に世界の覇者にでもなったかのような自己中心さ、結果を求めない詩への情熱、愛を否定していたくせに永遠を求める純粋さ、これらを表現する演技が美しいこと。
最後年老いたヴェルレーヌの前に現れる、愛し合っていた頃の若いランボーの幻影の、はかない美しさに胸がぎゅっとしました。

決して美しい恋愛ドラマではないけれど、レオを見る為だけでもいいので色んな方に観てほしいです。
Asammy

Asammyの感想・評価

3.5
見たと思う。
むー

むーの感想・評価

3.6
レオナルドディカプリオ最高!!!!😭
ランボーの美しさとヴェルレーヌの醜さ
あとマチルドのナイスバディ
これ実話ベースなのが驚きだわ
狂ってる
ただただディカプリオが綺麗
BaBo

BaBoの感想・評価

4.5
良い作品です。
ゲイの作家役ですがとても良い。
この若さでこの演技は凄いとしか言いようが無いくらいの迫真の演技。
フォークにご注意を!
>|