円柱野郎

トイ・ストーリー2の円柱野郎のネタバレレビュー・内容・結末

トイ・ストーリー2(1999年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

冒頭からバズの一大アクションで一気に引き込み、実はテレビゲームでしたのオチでオモチャの世界へ引き戻す。
つかみが上手いね。
今作ではさらわれたウッディを救う話がメインの流れだが、コレクターズアイテムとして後生大事に飾られるのか、それとも子供たちとボロボロになるまで一緒に遊ぶのか、オモチャにとっての幸せとは何かという部分は考えさせられます。
ウッディにとっての幸せはもちろん後者だろうが、プロスペクターの様に脇役だったがためにほとんど顧みられなかったのであろうオモチャの感情も理解できなくはない。
「箱に入った新品」という状況は、この場合は(オモチャにとっての)不幸の象徴でもあろう。
でもコレクション自体が悪いことかというとそうでもないとは思うんだけども。
この作品の場合は、おもちゃ屋のアルはウッディを盗んだヤツなわけで、その点で彼は報いを受けるべき悪役なのではあるが。

ウッディやジェシーたちコレクターの話はちょっとシリアスなので、テーマとしては分かるんだけど正直楽しくはないかな。
一方でバズたちの冒険は前作同様にワクワクして楽しい。
特に今作は色んな映画のパロディがてんこ盛り! 流石に子ども向けなので「ジュラシック・パーク」や「スター・ウォーズ」の直球なパロディが多いが…いやあニヤニヤするw
そしてバズ、やっぱり自分をスペースレンジャーだと思いこんでるバズは面白い!
人気の量産品ということを逆手に取ったバズ同士の掛け合いが良いよ。
Mr.ポテトヘッドもお約束のパーツネタが実に笑える。