Shiba

トイ・ストーリー2のShibaのレビュー・感想・評価

トイ・ストーリー2(1999年製作の映画)
4.7
カウボーイ人形のウッディは実はとてもレアなおもちゃだった!
おもちゃコレクターのアルがウッディを盗み、バズ率いるおもちゃたちがウッディ救出に向かいます。

トイストーリーは全編通してウッディの成長物語です。今回も彼は自分のルーツと価値を知ることで、アイデンティティが揺らぎます。

今作のバズは大活躍。自分に新しいアイデンティティを教えてくれたウッディに恩返しをします。おもちゃ屋で大量に売られているバズのシーンがお気に入り。

大量生産されたバズに対しウッディは手作りの激レアなおもちゃという設定が面白い。性格も設定も時代も何もかもが正反対な2人の対比が好きです。
ウッディの腕を修理するシーンは何故かフェチズムをくすぐるので好きな人が多いはず。

「When she loved me」に乗せて語られるジェシーの悲しい過去も、あの歌が相まって涙腺を誘います。新しい持ち主ができてよかったね…!

ジェシーの過去やアンディの成長の不安から日本の博物館で展示品になろうとするウッディ。
前作ではウッディがバズに言った「お前はただのおもちゃだ!」を今度はバズがウッディに言うところにグッときました。バズ、宇宙野郎から成長したなぁ…

2でさりげなく示唆されていた「その時」が3に繋がるとは、当時は思いもしませんでした。いずれ訪れる「その時」が来るまでおもちゃたちはアンディのおもちゃであることに誇りを持ち、使命を全うする。1と3の影に隠れがちですが、トイストーリー2はそんな健気な彼らがもっと好きになる作品です。