僕はジャックの邪な心です

うつしみの僕はジャックの邪な心ですのレビュー・感想・評価

うつしみ(1999年製作の映画)
4.0
ただひたすら走る性欲の為に。

ただ面白いと思ったのが彼女を追いかけ成し遂げる事が物語の終わりであるのにも関わらず、走る事に夢中になってしまう所が最高のシーンだと思えました。
血のスプレー描写など手がカメラに入っているのは映画を撮ってますよというのを隠さない、熱意に捉えられました、彼と彼女の追いかけっこを性器の巨大セットを使って走り抜けるシーンも最高ですね、男側は時計じかけのオレンジのオマージュじゃないですか、本当に愛が感じられる素晴らしい作品、目を背け様としても惹きつけられるのが園子温監督作品の魅力です。