ゴースト・ドッグの作品情報・感想・評価

「ゴースト・ドッグ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

序盤★3 中盤★3 中盤★2.5

「葉隠」を愛読し、「武士道」等の古き日本人の生き様の美意識を体現するゴースト・ドッグという名の殺し屋。

一見するとひとりのマフィアに助けられた恩義を忘れず忠誠を誓い、
自分の信じる道を、例えそれが最後は死だとしても覚悟を決めて突き進むのが漢の道さ…ってカッコいいように思えるけど、
結局現代社会でもこの構図はあり得る訳で、
社畜と化し上司のために頑張る平社員ないし派遣社員。
けど結局その上司の上にも上司がいる訳で、
この構図の中間層でも美学を通すのがそれこそ美学なんやろうけど、
まさしく犬死にのようにしか思えなかった。。。

まあ本当はもっと深い意味のある武士道なんやろとは分かっていますが、
どうせならもっとドラマちっくに、エンタメちっくに、
例えばラストのあの場にはアイスクリーム屋の言葉は通じないけど心は通じる友や、幼い女の子もおった訳で。。。
ベッソンやゲスいオレが監督ならそれらを利用するやろうけど(笑)、
ジャームッシュはそういう展開にはせんわな。。。

2017年264本目(再見)
起承転結があるのはジムジャームッシュにしては珍しいですね!かっちょええ!シビれる映画!タランティーノエッセンスある。
KentAoki

KentAokiの感想・評価

4.8
なぜか好き
nico

nicoの感想・評価

3.4
葉隠、武士道、死とはなんぞや?主人公と共に考えていくような作品。「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」にしても、日本の自死文化は美化され過ぎてるんじゃないか?葉隠の本来の意味は他にあるとして、この映画からはそこまで読み取れない。偏見が強いような。この映画のメッセージには余り共感できなかった。全体を通して非常に淡々としており、台詞はほぼ無い。ジム・ジャームッシュお得意のスタイリッシュな演出で得点。
おっちゃんの映画ではじめて涙ちょろった〜〜ひぇ〜〜
あまり内容覚えてないがシーンはいくつか覚えている
サムライ精神を全うする黒人の殺し屋をウィテカー先生がクールに演じる犯罪映画。全編にジャームッシュの映画愛が詰まってる。過去のギャング映画に敬意を払いつつ、クスリと笑える外しの効いた演出。汚い都会の裏町を独自の感性と美意識で四角いフレームの中に切り出すセンスに酔いしれる。なお、ジャームッシュなので当然だが、サントラも最高である。
2018.6.9 DVD(字幕)
mo

moの感想・評価

3.7
教えが詰まってる


まって。今思えば、意味深なシーンほとんど理解してない。もっかい観なきゃ。
DVD視聴。
映像と音楽と世界観にやられた覚えがある。
出落ち。全編通して半笑いになってしまう。
>|