ゴースト・ドッグの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「ゴースト・ドッグ」に投稿された感想・評価

chisa

chisaの感想・評価

3.8
これ、前にみてて良かっただけど
どうかけば分からずそのままになっていて、主人公の役者さんなんかよくて、音楽もよいなぁ。
ジム ジャームッシュだったのかぁ。
空気感が好きな映画

HIPHOP×武士道とかどうやったら思い付くのか

ジムジャームッシュって日本人ですか?笑

言葉がわからない同士の会話が面白かった
yasukusa

yasukusaの感想・評価

4.4
この1999年という時期に、ウータンのRZAに音楽をやらせて、題材は鍋島藩の葉隠って、とんでもないオッサンですよジャームッシュは!同時代のブラックムービーは結構観ましたけど、hip hopとのマッチング具合は抜きん出てます。いや、とんでもない映画人ですよ奴は。
Tef

Tefの感想・評価

-
ウィテカーが好きです
ジムも好きですが
内容忘れたので
また観ます
insomnia

insomniaの感想・評価

3.3
変わった作風で面白いですね〜
日本人の方が日本人を知らないのでは?と考えさせられました、、
アイス屋のお兄ちゃんが良い感じ。
こうき

こうきの感想・評価

4.0
テーマがはっきりしててわかりやすい。ジャームッシュ節炸裂。音楽も最高!
ジム・ジャームッシュが監督、RZAが音楽監修(一瞬出演)をし、葉隠・羅生門をバイブルに生きる暗殺請負人(フォレスト・ウィテカー)を描いた日米仏合作。それぞれが存分にその世界観を発揮しているためカオスな印象も受けるが、何故か纏まりのある名作…だと思う(DVD所持)。カルトな名作なだけに、アクもクセも強い。当然好き嫌いは両極端に出るはず。ブラックミュージック好きは一旦見といた方がいい。

余談だが、なぜ外国人の描く刀の使い手は無駄にスナップを利かせてクルクルと振り回すのだろう…
お互い外国語で会話してるのに奇跡的に全部通じてるのめちゃくちゃ面白い。
あと、フォレスト・ウィテカーがチャンバラやるときにダサいエフェクト入れてるのが逆にかっこいい。
武士道精神を説いた「葉隠」を愛読するでっかい黒人の殺し屋(ゴーストドッグ)と、NYマフィアが対立する話。

設定は斬新だけど個人的にあんまり印象には残らないかなっという感じ。
フランス語と英語で全然話通じてないようで通じ合ってるアイス屋のおじさんとゴーストドッグが好きでしたー
殺陣の練習?してるのとか銃を刀みたいにしまうのとか、笑っていいのかよくわかんない感じなんだけどシュールでじわじわきた笑

音楽が全部チルな感じのヒップホップでかっこいい。武士道とブラックカルチャーっていう一見全く共通項のないものが渋く融合してるのは興味深かった
ジャームッシュのベスト。
プランBのアクションシーンは物足りなかったが、それでもジョン・カーペンター『要塞警察』といい、暗闇でサイレント銃を用いる殺し合いは男のロマンしかねぇ!
ゴーストドッグの歩き方だけで、この男が夜の街を渡り歩くツワモノってことは一目瞭然。カッコいいぜ