リリィ、はちみつ色の秘密の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「リリィ、はちみつ色の秘密」に投稿された感想・評価

Oliver

Oliverの感想・評価

4.0
母を幼い時に失くしたリリィと黒人であることで自由を奪われた家政婦ロザリンが、母の形見を辿って家出を図る。

新しい街で出会った黒人姉妹の家に居候させてもらう中で見えてきた事実。そして、黒人社会の苦悩を目の当たりににしながら大人へ成長していく。確執のあった父親との関係、知りたかった母親の真実をダコタ・ファニングが痛いほど見事に演じきった。

自分のことしか見えなかった子どもから少しずつ周りのことが見え始める大人への一歩。なんだか眩しく見えた。
しゃり

しゃりの感想・評価

3.4
少女が痛みや愛を理解していく過程を人種差別を背景に描いている。ダコタファニングはめちゃめちゃかわいいけど、父親が救われてないのが少し腑に落ちなかった。
kotoe

kotoeの感想・評価

3.6
映像が綺麗で可愛い。黒人への偏見、とても苦しかった。でも傷つきながらも向き合って強く強く生きてる。そして母親、家族の愛、恋人との愛、いろんな感情が上手く表現されていた。
totoruru

totoruruの感想・評価

4.0
ダコタちゃんが可愛いけど、ストーリー的には辛く切ないです。

あと黒人の人種差別も触れているので結構重いです。

ただ、そんな中でも素敵な人達はたくさん出て来るし、最後は希望も見えてくるかな。

なんだかんだ観終わったあとは、じんわりと温かくなる映画だった。
TSUTAYAで"理由なき反抗"を借りようとして、隣にあったこの作品をふと選んだ。
とても素敵な映画だった。
完璧に素敵ではないけど、それがまた凄い良かった。

作中色んな愛だったり憎しみが出て来た中で、オーガストが言った"完全な愛はないわ"という言葉が凄い印象に残った。
Ree

Reeの感想・評価

2.9
記録
あじゅ

あじゅの感想・評価

3.0
黒人差別がひどい中、そういった考えに 逆らい、一緒に生活して生きる強さがいい
Layla

Laylaの感想・評価

3.7
何回観ても泣いてしまう
Tak

Takの感想・評価

4.6
主人公の過去の苦しみと、人種差別。内容はかなり重いが、ラストは胸が温まる。天才子役ダコタファニングに泣かされた。