リリィ、はちみつ色の秘密の作品情報・感想・評価

「リリィ、はちみつ色の秘密」に投稿された感想・評価

トコ

トコの感想・評価

-
いい話だった
RYo

RYoの感想・評価

3.4
ダコタファニングがかわいすぎる。
人種差別って見てて不愉快になる。

このレビューはネタバレを含みます

まさに「良い映画を観た」という気分に浸れる映画でした。役者陣がみんな巧いですね。ラティファ、アリシア・キーズ、ジェニファー・ハドソンというアーティストを揃えた絶妙なキャスティングやダコタ・ファニングの超絶演技もさることながら、怖いくらい繊細で純粋なメイを演じたソフィー・オコネドーの存在感に圧倒されました。
ケイン

ケインの感想・評価

3.5
温かい気持ちになった。だけどちょっと重たい。
mikaze

mikazeの感想・評価

2.5
ミツバチの箱を私のお墓に置いて
ハチミツが染み込むように


やさしいほわほわした映画だと思ったらズドンときた。泣いた。
オーガストはどうしてあんなに優しいんだろう。リリィは愛されない子なんかじゃなかった。T・レイだって、心の底ではリリィを愛してたし、デボラのことを死ぬほど愛してた。こう考えたら、勲章に目が眩んだデボラが悪者みたいに思えてくるけど。

未公開シーンにあった、メイが1回も壁に行かなかったパーティーが好き。

ダコタ・ファニング目当てで見たけどジューンすごく綺麗だった。メイ役の人見たことあるな~って思ったらホテル・ルワンダだった
DV父親と逃げたい母親、幼い娘
銃を渡したかったのに母親を撃ち殺してしまい心に傷が残るリリィ
黒人が白人から迫害を受けていた時代
黒人メイドのロザリンとの逃避行
裕福な黒人家族のオーガスト家の好意で居させてもらう二人
誰しも闇を抱えていて、重たいけどどうしようもない所もあって、なんとも言えん気持ちになった。
逃げたから幸せかと思えばそうじゃなくて、切ないシーンが多いけど母が亡くなっても彼女の加護を感じる。
なつん

なつんの感想・評価

4.4
たくさん泣いた。辛いとか重いとか悲しいとか、それもあるけど、愛おしくて切なくて。
リリィはちゃんと愛されていた。それを彼女がちゃんと知れて良かった。T・レイも歪んで歪んで、その果てで、リリィを愛していた。
子供らしく無邪気なふりをして、年に合わないほど大人びたリリィの姿に胸が詰まる思いだった。ママが導いてくれた先の3人のママたちに目一杯愛されて、美しく育ってほしい。

アリシア・キーズ、本当にうつくしい。
“何も感じない方が長生きできるわね”
HINA

HINAの感想・評価

3.8

小さい頃に観て、あまりの衝撃に忘れられないシーンがある。
>|