かわだ

ゴッドファーザーPART IIのかわだのネタバレレビュー・内容・結末

ゴッドファーザーPART II(1974年製作の映画)
4.2

このレビューはネタバレを含みます

マイケルと父ヴィトーの生き方は対照的だ。

ヴィトーは死ぬ間際まで部下や家族、周りの人間に愛されていたのに対し、マイケルは切れ者だが不器用で、相手の気持ちを察することができないゆえに愛されず、どこまでも孤独だ。
家族からも遠巻きにされていくのが切ない。そしてマイケル自身誰も信用できず、ついに冷酷な支配者となっていく。

マイケルが冷酷なドンなら父ヴィトーは情に厚いドンだった。ヴィトーは弱いものや家族を守るためにのみ暴力を振るってきた。苦しむイタリアの同胞のためにファヌッチを殺し、見返りがなくてもアパートメントの女性を助ける。怖い人間なんだけど、必要以外には殺さないし、情けが深くて崇拝されていたのもよく分かる。この父と子の対比がパートⅡの主軸となっている。

ゴッドファーザーを見ていると、恐怖による支配か情による支配か関係なく、リーダーは常々孤独なんだなあと思う。そしてコッポラ監督は、強いものであるからこそ、弱い人間に対する暖かさや愛が大切なんだと説いている気がした。

1よりもさらにファッションがスタイリッシュなのと、時代に応じて様変わりするクラシックカーが見どころ。ロバートデニーロが若い。