ゴッドファーザーPART IIの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ゴッドファーザーPART II1974年製作の映画)

THE GODFATHER: PART II

製作国:

上映時間:200分

4.2

「ゴッドファーザーPART II」に投稿された感想・評価

MiYA

MiYAの感想・評価

4.0
むかし観たときはこの映画のよさがサッパリわからなかったのですが、今回(Wikipediaのあらすじを追いながら)じっくり観たところ、ようやくわかってきましたよ。

父親のドンがあらゆる非合法手段を使ってまでファミリーを守ろうとしたのに対し、マイケルはファミリーを守ることができず、兄を排除し、妻は去っていく。この父子の非対称性がこの映画の魅力なのではないかな。

そんな構造だから、ロバート・デニーロのパートとアル・パチーノのパートが合流するラストシーンにやられるわけです。ここで描かれる幸福だった時代のコルレオーネ・ファミリーの姿は切ない。懐かしいソニーの姿には目頭が熱くなりました。
再鑑賞。もうデ・ニーロとヴィトの話くらいしか覚えていなかった。観ても1のようにはいかず、思い出せたのは2シーン程。
織り成すストーリーの妙。
1だけで良かったなんて、ことはない。2も3も必要だった。
「時代が違う」か「時代が変わった」的なことマイケルが呟くのが堪らなかった。
祭りのシーン鳥肌が立った。
いつもなかなか上手く書けないけど、2は、脳汁振り絞っても上手く書けない。もう素晴らしいくらいしか書けない。
1で書き忘れたけど、嫁さんが思っていた人と違っていたことと、妹さんがまさか…だったの。
フレドが愛しすぎる
俳優ジョンカザールはサンダンスでドキュメンタリーも公開されたそうでとても興味深い、どこかで観れるだろうか
一話ではマイケルの妹のコニーの旦那とか、
誰がimportant か、ということに悩む
組織、家族、
イタリア系だからこそより浮かび上がるんだろうなあ

どのキャラクターもほんとうに生きていて
バックグラウンドがあり

ああでもケイには驚いた、、

みんななんて素晴らしい

長いと思ったけどこれだけの密度と人物たちをこの時間でまとめたと思ったらすごいわい

やっぱりアメリカ映画は好きだ
これぞという感じがするのだ
ひとつひとつのシーンが、ほんとうにシーンとして切り抜く意味があり、
役者たちに血が通ってる
みんな仕事してる

すごい人たちがいるなあ!

仕事といえば美術のひととかほんとにどうやって詰めてるんだろう

マイケルが怪物になっていく

ほんとに悲しい
みんなほんとうは、どうしたらいいかわからないだけなんだ

その先が歪んでいく

最後のシーン加えたのもすごいな

ああ
古典だ

ああ
あとあと、
マンマがもっと頼りになるひとなら息子たちは救われるのに
でもマンマ愛されまくってるなあ

そうあと、デニーロはほんとにマーロンブランドに見えるし、寄せてる上でほんとにうまくて
でもやっぱり一話でのマーロンブランドの強烈な印象とキャラクターがあったからだろうなあ
umi

umiの感想・評価

5.0

マイケルとフレドのシーンが全部すっっっっごい良くてもうなんかいっぱいいっぱいですって感じだった。みんな演技が鬼のように上手い。アルパチーノは演技の鬼。

未だに何でそこまでこのシリーズがもてはやされるんだろう?って思いつつも、これ見た後最近の映画観ると何もかもが物足りない感じがして、つまりはそういうことなのかなと。コッポラほど群衆の動かし方が上手い人いない気がする。
KaWaKeN

KaWaKeNの感想・評価

4.3
1人で全てを始めて最後は家族と仲間に囲まれるヴィトと、富を得た代償に家族には愛想を尽かされ最後は1人になるマイケルの対比が見事。
ラストの誕生会のシーンのタイミングといい演出といい、ゾワっとした。すごい。
名言

名言の感想・評価

3.9
「不可能だ」
「不可能はない」
「大統領を暗殺するようなもんだぞ」
「驚いたな この世で唯一確かなのは
人は殺せる。」
1作目を遥かに超える映画としてのクオリティの高さ。
完璧すぎる元祖続編映画。
テンポの良さ、俳優達の演技力、なにより映像が持つ迫力が凄まじい!
これは壮絶な20年のタイムトリップだ!
全ての殺戮はクロスする…