ゴッドファーザーPART IIの作品情報・感想・評価

ゴッドファーザーPART II1974年製作の映画)

THE GODFATHER: PART II

製作国:

上映時間:200分

4.1

「ゴッドファーザーPART II」に投稿された感想・評価

collina

collinaの感想・評価

5.0
何故今まで観ていなかったのだろう。

自分はどうすればよかったのか。
どこで間違えていたかはわかっていたつもりでも、わかっていなくても
自分は何をすればよかったのだろうか。

自分はどこへ向かうのか。

ファミリーとは何なのか。コルレオーネとは。

アル・パチーノの瞳に震える。

ビトは家族を失った。
一方でマイケルにも家族はありつつも無かった。
オープニングとの見事な対比。

デ・ニーロの声に驚いた。そっくりだ。
若き日のビトとマイケルは似てるところもあるのに、
食い違ってしまった。
その対比に心奪われずにはいられない。

どうしようもない兄貴、フレド。
自分のおろかなところを出してしか、生きられない、
そうでもしないと壊れてしまうかのように自分を守り続けた男の
渾身の叫び。

ここに書ききれないほど記憶に突き刺さるようなシーンはあった。
文字にするのも無粋に感じる。
けれど、今の感動をここに記して、大人になったらまた観て何を
思うかを知りたい。

人生のなかの大切な一本になった。
運命に操られた2人のドンの人生。
昔から頭一つ抜きん出ており、賢く、周囲から一目置かれていたマフィアのサラブレッドのマイケル。
一代で組織を築き上げドンとなり、ゴッドファーザーと慕われ、愛と人望を手にする父親のビト。
マイケルは亡き父親の残像を追って頂点を登り詰めて地位や名声を得るも、嫉妬を買い、次第に周囲への不信感が募り、エゴイスティックが強まり、周囲との距離は広がる。いつしか自分を慕う者はいなくなり、ついに家族さえも敵とみなす。
自分の運命を呪う苦悩にまみれたマイケルのラストショットで全てを悟る。
自分の手で人生を選択してきたつもりだったのに、その人生も刷り込まれ、操られていたものだったのではないか。劇中にあった戦い人形の様に。
冒頭のドン・チッチオとのやり取りを思い出す。逃れられない復讐の呪い。
厳しい現実社会を生きる作法として、この映画を教訓にしていきたいと思ったのであった。
ばさみ

ばさみの感想・評価

4.1
“そっか、セリフは音楽なんだな……”

Part2を観るために前作を見返してた時、こんなカッコつけた名言っぽい言葉がふと頭に浮かんだ私。笑 ((恥))

ってわけでようやく2を鑑賞すべき時がやってきたのだ。

前半は難しすぎて理解が追いつかず、intermissionのタイミングですかさず解説を検索。笑

そこで全てが頭の中で繋がり、後半はそれはもうあっという間に過ぎていった。

ラストは本当に本当に胸に沁みたな……

3時間半というスケールにも関わらず、綿密にこだわり抜いて造られたひとつひとつのシーン。

淡々と描かれてゆく親子2人の対比。
それはあまりにも切なくて、哀しいものだった。


デニーロの役作りが素晴らしく、徹底的に研究したであろう見事な喋り方と表情。こりゃオスカー受賞も当たり前だ…

マーロンブランドの出演が叶わなかったにも関わらず、映画の価値を一切下げることのなかった若きスターたち。感服です…
ヤナ

ヤナの感想・評価

4.5
前作に引き続き、非常におもしろい。
が、油断してると話がわかんなくなってきます。急に過去の話になったり、現在の話に戻ったりするので。
ただその対比が、この映画におもしろみをもたせていると言ってもよいでしょう。ヴィトーが家族を大切にする一方で、家族でさえ手にかけるマイケル。彼はこれから一体どうなっていくのでしょう。続きが気になります。
今まで見た映画のリストを作っています。レビューは後で記述します。
家族を失っていく過程が酷く悲しくて辛くなる。
ロボートデニーロ最高。
そっちの方向にいってしまったか、マイケル…

と、いった感じです…

過去(ヴィトーの物語)と現在(マイケルの物語)を交互に見せるやり方は、多少ややこしくはなるものの…

物語の構成が巧妙だなと感じました。

ふたりが対照的で、それぞれの性格がより際立って見えるようでした。

何かを手にするほど、何かを失っていくマイケルは見ていて虚しい…

最後にあのシーンを持ってくることで、ヴィトー・コルレオーネがファミリーからどれだけ愛されてきた…

そして一方、マイケルはヴィトーほどの信頼と愛情をえられているのか…

それをはっきりと象徴するようで、なんとも言えない気持ちにさせられました。

ファンが多いのも頷ける作品の完成度。

PART IIIも観るのが楽しみです。
らすお

らすおの感想・評価

4.1
圧倒的世界観

アルパチーノとデニーロの演技が素晴らしい
ずいぶん前、高校のときに観たのですが、私は世間との評価にズレがあり、いい映画とは思いませんでした💦

大人になり(なっているのか?笑)友人に強く勧められてもう一度見直しました!
結論から言うと高校生の自分に理解出来るはずがない!ほど、複雑で人間味のあるいい映画です😆
とくにpart2は人気が高いだけあって素晴らしい!!最後のアルパチーノの表情は映画史に残る演技で鳥肌もの!
日本人には出来ない表情です😂

part1.2は文句なし!part3は政治色が強くなり、さらにコッポラの娘?姪?のソフィア・コッポラが出演してるのが残念💦ブリジット・フォンダと逆でよかったのに…

私は三部作を2回観て理解出来たところが多かったです!
これから観るかたは先に人間関係図を見ながらの観賞をオススメします!(登場人物がおおいです😂)
>|