nori007

007/慰めの報酬のnori007のレビュー・感想・評価

007/慰めの報酬(2008年製作の映画)
3.7
前作よりもアクションは多めになっていてエンタメ的にも楽しいのだが
主観的なアクションが多いため、迫力はあるものの今どうなってるかわかりづらい。そして少々疲れる。

ストーリーは完全に前作の続きなので、前作を見ていることが前提として話は進む。
ボンドの心は今もヴェスパーにとらわれていて、行動原理の根底にはヴェスパーがいる。そして今作では、登場人物のセリフと実際の行動が真逆だったりするのでそいいった心理描写を読みながら見るとなかなか味わい深い。
ただ、どうしても前作の後日談的な要素が強い。やはり傑作の次を作るのは大変だろうけど、完全にそこに乗っかっちゃってる感じだ。そこはちょっと残念なところ。

余談だが、オイルまみれの死体は「ゴールドフィンガー」のオマージュだろう。
あと、ちゃんとボリビアの民を助ける描写も必要だったと思うんだが。。。