8さん

007/慰めの報酬の8さんのレビュー・感想・評価

007/慰めの報酬(2008年製作の映画)
3.7
物語は前作のエンディングから展開されるジェームズ・ボンドの静かなる怒りが表現されたシリーズ作品。

将来を誓った女性ヴェスパーを殺した犯人を追っていたジェームズ・ボンドは、地球環境の為の慈善団体を装う組織のドミニク・グリーンへ辿り着く…


車・モーターボート・飛行機・パラシュート等疾走感のあるアクション満載ですが、前作で愛する人を失ったボンドは復讐心の強さゆえに何かと荒っぽく、Mからは『また殺したのね』と言われる始末。喪失感や悲壮感を内に隠してはいるものの怒りが溢れ出るボンドが起こす行動の節目には、寂しさが感じられます。

アレが吹き飛び剥き出しになったボンドの必須アイテムには、勿体無さを感じてしまうも世界中どこを探してもそんな使い方してるのは貴方だけですよと言いたくなりますね。優雅な雰囲気に溢れてるのに、復讐心に燃えるボンドが扱うと獰猛なモンスターに一変。

『動』の描写が多い今作。愛する人を失った哀しみから立ち直っていないからか、ボンドガールの存在感も薄く全体的に『静』の部分が少なかった様に思いました。

お気に入りは、ドミニク・グリーン役のマチュー・アマルリックの叫び声です。