大口真神

007/慰めの報酬の大口真神のレビュー・感想・評価

007/慰めの報酬(2008年製作の映画)
3.7
前作カジノロワイヤルのエンディングからそのまま繋がる続編。

前作の黒幕ホワイトを捕らえたボンドはMと共に彼を尋問しようとするが、同席していたMI6を8年Mの警護を5年間勤めあげたミッチェルに突如発砲され、改めて敵対組織の巨大さを思い知らされる。

冒頭から凄いアクションの連続でしたが、とどめシーンなどはしっかりキマっていて魅せ方が良かったです。
MI6、CIA、敵の組織や人物関係を追うのに精一杯でストーリーがちゃんと頭に入ってこなかったので、皆さんのレビューで勉強させていただき、またリベンジしたいと思います!