ken

007/慰めの報酬のkenのレビュー・感想・評価

007/慰めの報酬(2008年製作の映画)
3.8
007シリーズで前作の続編は珍しいと思う。ボンドが真の殺し屋に成長していく姿が逞しい。
オルガ・キュリレンコのボンドガールは荒削りの感があるが、これで一躍注目され女優として大きく成長していったのだろう。

悪役はイマイチ強くなく少し盛り上がりに欠けた感もあるが、全体としては楽しめた。ダニエルボンドの2作品ではマニーペニーが出演していないことに気づいたが、
スカイフォールにて若いマニーペニーを楽しみに再度鑑賞予定。