いの

007/慰めの報酬のいののレビュー・感想・評価

007/慰めの報酬(2008年製作の映画)
3.5


なぜ私は観ているんだろう。
そう自らに問いかけつつ、私はその答えを知っている。脅されなくても、聞きたないと言われても、自分からペラペラ喋ります。

マッツの話から → 007でマッツがボンドの○○タマを拷問して、ボンドがもっともっとと欲しがったという話を教えてもらい、それで(それで?)、007に初挑戦!「カジノロワイヤル」を視聴 → そしたら、“ いいからいいから、007は、まあ様式美みたいなもんだから、気ら~くな気持ちで、ダニクレのボンドだけでも、観たらどう?” とかなんとかw。皆さん、勧めるの上手すぎ!→ それで、いつの間にか、そういうことに。笑 → レンタルしたDVDの、返却期限も迫ってる-!


はい。そういうわけで、気楽に観させていただきました。私には、ボンドが、スパイなのか、殺し屋なのか、よくわかりませんでしたが、よくわからなくても、わからないことを全く気にすることなく観ることができました。空中でも、船上でも、火のなかでも、とにかく至る所で、追走劇と殺しがあって、きっと回を追うごとに、作品への要求度は高くなるんだろうから、これは、演じる人も、撮影する人も、撮影の前段階としてのあらゆる準備をする人たちも、とにかくみんな、本当に大変だろうなあと、その苦労を想像し、感心した次第です。でも、エロは控えめなんですね。全くエロくない。他はド派手なのに。こんなんで、世の男性陣たちは、満足されるんでしょうか。まあ、いいいいかっ。とにかくこうなったら、せっかくなので、ダニクレボンドは、いづれの御時にか、最後までいってみようと思います。