villjobba

天使にラブ・ソングを2のvilljobbaのレビュー・感想・評価

天使にラブ・ソングを2(1993年製作の映画)
2.8
gleeのDVDが揃ったことだし、名作音楽映画をおさえておこう祭パート4。

前作と違い初見。名作と書いたけど個人的には期待を下回りネガティヴなレビューになっているので注意。

ウーピーゴールドバーグが今度は母校のヤンキ―高校の生徒たちに聖歌隊を結成させるお話。
このヤンキーたちが心を入れ替えて歌にのめりこみヤル気になっていく様子がイマイチで、いつの間にかウーピーの虜になっていたのでそのままコチラの感情も変化せずに終わった。
彼らはもともとラップ好きなだけで音楽に興味なかったわけではないし、団結力はもともとあったんだけどね。
ただ、最後のパフォーマンスは意表を突かれたし、なんだかんだ最後の親子シーンでウワアアってなりそうになった。

それと、要らないシーンが多いような気がした。シスターたちは今回は出しゃばらなくていいのに。

あとは特に書くことはない。「はやく終わんないかな」って思いながら観ることになるとは思わなかった。
スクールオブロック先に観たのが失敗だったのかもしれない。

先生たちが嫌がってたソーセージ料理、私は食べたいと思ったよ。おいしそう。あと扉固定するのに使ったフランスパンみたいなやつも。