sharpshooter

特攻野郎Aチーム THE MOVIEのsharpshooterのレビュー・感想・評価

特攻野郎Aチーム THE MOVIE(2010年製作の映画)
3.5
ハンニバル(=リーアム・ニーソン)率いる″Aチーム″の面々が、テロリストが所有する偽札の原版をめぐって争奪戦をするって話☆

軽妙なやり取りで、あらゆる困難なミッションをこなしてきた″あのA チーム″が!って感じビンビンで話が進行していきますが、ハンニバルとフェイス(=ブラッドリー・クーパー)とは旧知の仲のようですが、ボスコ(=クイントン・ジャクソン)とマードック(=シャールト・コプリー)は即席的にチーム入りした″にわか″なので、なんだかずっとモヤモヤが晴れませんでした。

爽やかに人を殺す、人として何か大切なものが欠如した人間しか登場しませんので、命の重さが軽い軽い。

ま、景気よくバンバン人が死んでいく不謹慎映画はキライではないので(むしろ好き♥️)、痛快バカアクションとして楽しめます。

しかし、ムショ暮らしで人が殺せなくなったボスコが、最終的に人が殺せるようになって「ヤッター♪」って感じで終わるのは、流石のわたくしも如何なものかと思った一本(* ̄ー ̄)☆



○キャスト○
″ハンニバル″ジョン・スミス大佐/リーアム・ニーソン
″フェイス″テンプルトン・ペック/ブラッドリー・クーパー
″B.A.″ボスコB.A.バラカス曹長/
クイントン・ジャクソン
″マードック″H・M・マードック大尉/シャールト・コプリー
キャリサ・ソーサ大尉/ジェシカ・ビール
リンチCIA調査官/パトリック・ウィルソン
ブロック・パイク/ブライアン・ブルーム
ラッセル・モリソン将軍/ジェラルド・マクレイニー