セデック・バレ 第二部 虹の橋(2011年製作の映画)

WARRIORS OF THE RAINBOW II: RAINBOW BRIDGE

製作国:
  • 台湾
  • / 上映時間:131分
    監督
    ウェイ・ダーション
    キャスト
    リン・チンタイ
    マー・ジーシアン
    ビビアン・スー
    安藤政信
    木村祐一

    「セデック・バレ 第二部 虹の橋」に投稿された感想・評価

    どれがだれかわからなくなった
    大学の講義で観賞。
    第一部は先週の講義で観賞済み。

    「霧社事件」という1930年の台湾で起きた少数民族の反乱を描いた作品で、第二部は日本軍による鎮圧が描かれている。
    反日感情を扇動するようなことは無いものの、日本軍がバタバタと倒される様子が第一部よりも長く描写されていて抗日アトラクション的に感じた。しかし一方で、セデック族を戦術も考えられない蛮族と思っている台湾守備隊司令官(河原さぶ)が作品終盤で彼らに敬意を表して同情するなど、その後の関係改善を暗示させるような場面も見られて面白かった。
    とりあえず、第2部を観ようと思いました。
    字幕版を鑑賞。

    第一部はセデック族の文化の紹介から日本軍に制圧されその統治下に置かれる歴史、その過程での軋轢とついに起こる武装蜂起を丁寧に描いているので、143分があっと言う間だった。

    しかし、第二部はひたすら日本軍の反撃にセデック族が追い詰められていくだけなので、さすがに132分は長く感じられる。

    あと台湾映画故か、日本人キャストの演出がやや緩く感じられる所も少々。

    ただ、セデック族が繰り広げるゲリラ戦法と特攻魂のド迫力によって、戦争映画としての痛快さは第二部より増していた。
    題材自体の珍しさと面白さから第一部は飽きずに見れたけど、第二部はひたすら長く戦闘シーンが続いていく。戦い方もずっと似たり寄ったり(スターウォーズのイウォーク族みたいな戦い方)で飽きる。首チョンパし過ぎ。
    映画ではセデック族の一人一人がもの凄く強くて日本兵の死者の方が圧倒的に多く描かれているけれど、史実では日本の討伐軍の死者は20数人、一方反乱側の死者は自殺を含め700人にのぼるといい、実際はかなり一方的な戦いだったようで、映画でセデック族が強いのは結局はアクションのためなのかとがっかりした。
    自分たちの妻子さえ死なせて何が部族の誇りだ、とは正直思うし、死生観や文化の違いなのでまぁ良いとしてもやはり共感も同情もできず、かと言って日本側もしょうもない戦い方ばかりしていて、終始気持ちの持って行き方がわからずじまい。
    ただ霧社事件について知れたのは良かったしその意味で価値のある映画だと思う。
    ちなみにディーン・フジオカは最初出てきてこれから活躍しそうな気配を見せながらもそのまま行方知れずとなった。
    CGのシーンでえぇーってなる。特に虹の橋を渡るシーン。全体的には良かった。
    第1部と続けて鑑賞。

    第1部を観て、セデック族強い、でも残酷…ってなってたけど、第2部の初めに、戦いはこれからだ!とか言ってて、これ以上の戦いがはじまるのか。とドキドキしたのだけど、第2部は信念とか誇りが主題になってて、最後の日本軍の偉い人の言葉にもあったように、武士道の生き様のような戦国武士たちの話を観ているかの様な気分になった。

    霧社事件、十分残酷な戦いだったけど、これは序章に過ぎなくて、これを機に一気に日本軍対セデック族が過熱していく。でもその戦い以上に女性やこどもたちが先祖たちが待つと信じて自決していく姿に胸が痛くなった。

    セデック族のように部族としての姿を奪われてしまった部族って世界中にたくさんあるんじゃないかなとこの映画を観て思いました。少し調べてみたくなりました。

    余談ですが、ほんのちょっとだけディーンフジオカ出てきた。ほんとにちょっと。
    ディーンフジオカ突然現れ突然消える
    >|