EnoTaka

となりのトトロのEnoTakaのレビュー・感想・評価

となりのトトロ(1988年製作の映画)
4.3
何回かところどころ観たことあるけど、ちゃんと観たのはもしかしたら初めてかもしれない。面白かったー。名作だね。ジブリの中でもかなり好きな方!ジブリ作品の中で世界観が一番好きだった。青い空と白い雲、自然豊かな緑の森、THE“日本の夏”っていう描写を見せてくれた。他のジブリ作品はあまりにも世界観が独特すぎるから、昔話のような絵本の中のような夢の中のような遠い彼方のようなお話って感じで見てたけど、これは日常のなかにある、子供の目にしか映らない不思議な体験を描いているって感じで、こんなことが本当にあったらなって一瞬想像してしまう絶妙な距離感の世界観だったからすごい良かった。子どもから大人まで誰もが楽しめる映画なのに、見方を変えれば都市伝説的な楽しみ方もできるのもこの映画の魅力だと思う。88分と時間も短く、シンプルな内容なのにこれだけ奥が深くて幅の広い見方ができて、隠された強いメッセージがある映画はなかなかない。トトロ、猫バス、さつき、めい、どのキャラクターもすごく素敵だった。そしてなんと言ってもこの歌!最高すぎるでしょ。すごすぎるよ。素晴らしかったです。