みきてー

太陽を盗んだ男のみきてーのレビュー・感想・評価

太陽を盗んだ男(1979年製作の映画)
4.0
名作としか言いようがないですね~
ジュリーのカマ演技がはまりすぎててちょっとゾッとしました。

原爆=無限大の可能性を持つ「力」として描かれていて、力に魅せられ狂ってしまった男の奔走される姿は、自分の延長線上にあるような気さえします。きっと主人公のように甚大な力を作り出せたら、「思想」や「崇高な目的」なんてものは消え失せてしまうだろう。そしてストーンズを呼びたいだのといった短絡的な行動に走ってしまうだろうなぁ。

まんまタクシードライバーなシーンがあるなぁと思ったらタクシードライバーの脚本家の弟さんだったと知り、びっくり。