knkne

太陽を盗んだ男のknkneのレビュー・感想・評価

太陽を盗んだ男(1979年製作の映画)
5.0
めちゃくちゃ面白い!!花丸あげます!!!
邦画に苦手意識がある方にも大いに楽しんでいただける話。
というよりも今観ていただくべき作品では?
この息もつかせぬ展開と燃え盛るほどの熱量を感じていただきたい。
とりあえず風船ガム噛んで膨らませたい!!!!

沢田研二演じる孤独な冴えない理科教師の男は原爆を自作し世界で保有する9番目の人間になり原爆を盾に国家に様々な要求をする、そして警察はあの手この手で追い詰めていくという話。
ラジオではアラジンと魔法の原爆だなんて称されたりしていましたね。
あとこの年代だからこそできるストーリーですね、今だと確実にコンプライアンスやらなんやらできっとお蔵入りでしょうね。

菅原文太はルパンの銭形や「catch me if you can」のトムハンクスよろしく後手後手に回るしかないのだがそのどれもに比肩できないほど渋い、かっこよすぎる。
ピストルで試し打ちをしているシーンがかっこよすぎて、、
改めて男菅原文太に惚れ直した。
角刈りのことを始めてかっこいいと思った瞬間でした。
そしてもう来ないであろう。

「あなたの顔を知っているのは私だけでいいわ」
このセリフ個人的に好き。

とにかく今作が日本映画が誇る大傑作であることは明らか。
嘘だと思ったら観てみてください。