緯度0大作戦の作品情報・感想・評価

「緯度0大作戦」に投稿された感想・評価

潜水艦バトルの特撮に見応えがある。
べらし

べらしの感想・評価

3.2
ジュール・ヴェルヌ+初期007+パノラマ島奇譚
これだけ揃えといてカジノロワイヤルやマジッククリスチャンみたいにならないところが日本人の野暮なところなんだなあ
アメリカ人じゃなくてイギリス人と組んだほうがよかったかもね
近未来感溢れる潜水艦やユートピアな緯度0基地がおしゃれ
ジョゼフコットンシーザーロメロ宝田明など日米のスター共演
グリホンこうもり人間大ねずみと東宝伝統の着ぐるみも健在

このレビューはネタバレを含みます

α号は空も飛んじゃう(≧∇≦)b

東経180度。緯度0。
地下2万メートルの海底都市。0基地。
マッケンジー VS マリク 
の1世紀にも渡る攻防戦は続いている。
信じるか信じないかはあなた次第👆

海底火山の噴火によって流された潜水球に乗っていた海流調査隊の3人は、α号に助けられたことから、攻防戦に巻き込まれていく。

マリクが天才。
でっかいコウモリとかでっかいネズミを造って従えてるの。着ぐるみだよ'`,、('∀`) '`,、
ライオンにハゲ鷹の羽を付けて、女の脳をイン!ほら、グリフォンの出来上がり(^o^)/~~
中山麻理のキャーとかヤメテーが、何か恥ずかしい。

あと免疫風呂は万能だね。
撃たれてもへっちゃら。
さらに金とプラチナの合成服と帽子を着込めば、どんな攻撃にも耐えられるから大丈夫⤴...なはずが、沼に足を入れたらシューッと靴が溶けてイタタタタッ!ってなったので目が点?!大丈夫じゃないじゃんっ?!
武器は充実。炎・ガス・レーザー光線だって使えちゃうぞ!

岡田真澄がチョー男前。

あ!免疫風呂みたいなの、ヴォイ主演の『ウォンテッド』にも出てたな(笑)
Ideon

Ideonの感想・評価

3.0
原子物理学者の田代は、仲間達と潜水艇で海底探査中、海底火山の噴火で遭難したが、危ういところをマッケンジー艦長が指揮するアルファ号に助けられた。マッケンジーたちは緯度0世界の住人で、世界征服を企むマリクの野望を阻止しようとしているのだった。折しも日本人科学者がマリクにさらわれ、田代たちもその救出作戦に参加するのだった…というお話。
東宝がアメリカの映画会社と組んで製作した作品。円谷プロの特撮が素晴らしい。ジョセフ・コットン、シーザー・ロメロなど、ハリウッドスターもキャスティングされ、予算もふんだんにあったのか、スケールの大きい見事な特撮シーンが楽しめる。全編に伊福部昭の音楽が鳴り響き、いつゴジラが出て来てもおかしくない点だけが、東宝作品を主張している。
Iman

Imanの感想・評価

4.0
轟天号ブラボー、日本の特撮がてんこ盛り作品。
MRFOX

MRFOXの感想・評価

2.5
黒い蛾さんかわいそう
もー

もーの感想・評価

3.2
海底調査中に難破し、緯度0度の海底国に住む人と出会う話。

緯度0度に住む人、衣装がセクシーすぎる!
気失って目覚めたら、そこに裸に近い女の人立ってたらビックリだよね。
衣装が全体的に凝っていて良かった。

敵のアジトに潜入する所は、ゲーム感満載。
金色全身タイツ(本物の金でできたスーツという設定)の主人公達5人が、仕掛けや敵を乗り越えていくのが面白かった。

あの免疫風呂とかいう入ったら無敵になる(銃も跳ね返す)お風呂入りたい。
この作品だけのアメリカ編も観たい。もっと長くてどうせ英語に撮られたし。日本のオリジナルバージョンは全て吹き替えされたから。
ファンタジーで面白い特撮映画だ!怪獣が登場しないのに子供の頃も大好きだった。
>|