みーこ

マシンガン・プリーチャーのみーこのレビュー・感想・評価

マシンガン・プリーチャー(2011年製作の映画)
3.7
元麻薬密売人でその後改心し、
牧師としてスーダンの子供達のために学校や孤児院を作る活動をしているサム・チルダーズの半生を描いた作品。


ジェラルド・バトラーがマシンガンぶっ放す牧師役!?なら見なければ〜♪
…と軽い気持ちで見たら、
これがなかなか響きまして( ˘ω˘ )


どうしようもない悪党がある日、
妻の影響とアフリカで活動する宣教師の言葉でこれまでの自堕落な生活が嘘のように変わっていく様子はなんとも単純…というか滑稽でもあって「マジかw」てなるんですけど、彼は超本気なんで見てるこっちも次第に熱くなるんです。


スーダンの子供達のために身を粉にして活動するサムは確かに英雄だけど、その影で国に残した家族は犠牲を強いられたり、悪友だったドニー(マイケル・シャノン)にも酷い仕打ちをする事になり…と、その辺はとても複雑なのですがー(ノД`)


結果的にサムは“マシンガン・プリーチャー”として銃を携え「神の抵抗軍」から子供達を救うべく戦い続けているーで映画は終わりますが、ご本人は現在進行形で活動されてるようですね。


子供達を危険に晒すヤツらを殺す。
サムの活動には賛否両論あるようだけど、私は彼を支持したいと思うのです。