ふっくージグソウ完全復活

デイ・アフター・トゥモローのふっくージグソウ完全復活のレビュー・感想・評価

3.5
何度も何度も見ている今作。ようやくレビュー!!
自分の中でこの作品でデニス・クエイド、ジェイクギレンホールを知りました。
破壊王ローランドエメリッヒ監督の「インデペンデンス・デイ」と並ぶ代表作といってもいい作品で、日本でも地上波でかなり放送されていたので、知らない人はいないんではないでしょうか。

個人的に映像が発展し、最強のディザスター映画と公開当時言われていた「2012」より今作の方が好み。

今見てもロサンゼルスを襲う津波の迫力は圧巻で、町中が吹雪の中での惨劇となる後半は見ているこちらまで寒さが伝わってくる。オオカミのCGがなかなかチープなのが笑えますが、図書館でホームレスの知恵を借りて新聞紙で温まったり、主人公とヒロインの距離が徐々に縮まっていく、息子を思い必ず助けるとゆう強い父親や、人間ドラマでも楽しめる。

エメリッヒ作品は割とハズレが少なくお気に入りの監督なのですが、「紀元前1万年」だけは登場人物がみんなターザンとゆう印象しかないので、エメリッヒ監督には今後も破壊王とゆう破壊映画を期待してます笑