ミレニアム2 火と戯れる女の作品情報・感想・評価

ミレニアム2 火と戯れる女2009年製作の映画)

FLICKAN SOM LEKTE MED ELDEN

製作国:

上映時間:130分

ジャンル:

3.5

「ミレニアム2 火と戯れる女」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.6
「ミレニアム2 炎と戯れる女」
原題「Millenium 2: The Girl Who Played with Fire」
2010/9/11公開 スウェーデン作品 2018-021 再鑑賞

前作はミカエルが受けた少女失踪事件を二人で解決するのがメインストーリーでしたが、今作は前作でフラッシュで挿入されていたリスベット自身の過去がテーマになっています。
やはりこの作品は、個性が漲るリズベッドのためにあり、彼女の出世や家族の秘密をたどるところにその面白さがありますよね。
ほんとこのシリーズは、息もつかせず最後まで見させる面白さが素晴らしいです。
さあ次は第3部です!!

世界中でベストセラーとなったスウェーデンの小説「ミレニアム」3部作を映画化したシリーズ第2弾。前作の事件から1年後を舞台に、少女売春組織の調査をきっかけとして巨大な陰謀に巻き込まれてしまうヒロインの苦闘と、彼女の支援に奔走するジャーナリストの姿を描く。リスベットとミカエルのコンビには、前作に続きノオミ・ラパスとミカエル・ニクヴィストが続投。事件の全ぼうが明らかになるにつれ、リスベットの衝撃の過去が浮かび上がってくるスリリングな展開に引きこまれる。
んーー微妙
nobuki2298

nobuki2298の感想・評価

2.8
いまいち危機感とか、色々が伝わってこなかった
yasu

yasuの感想・評価

2.8
1作目の続編らしいが何だかパッとしない印象。それに、暗い過去を持つリスベットの生に対する執着というか、終盤の展開が衝撃的すぎてちょっと引いてしまった…。2の完全な続編となる3作目に期待したい。
原作の通りなのかわからないが、ツメがあますぎない?って思うことが多かった。小屋が燃やされた場面はちょっと抜けすぎておちゃめなレベル。あと火と戯れたのはリズベットではない。

リズベットがだれにも頼らず一人で復習を遂げようとしているところはよかった。ミカエルに対して作中三回ほどしかコンタクトを取らないが、それぞれ、彼女のかわいらしさが垣間見れて、よかったねリズベット、がんばれという気持ちになった。他のシーンがだいたい無表情としかめ面と暴力なので。
ひろ

ひろの感想・評価

2.9
ビュルマン殺しの犯人に仕立て上げられちゃうリスベットとか
リスベットの過去の話のあれやこれや。

撃たれて埋められても這い上がってくるリスベット何者!!


父親のとこで話してるシーンのリスベットがキアヌリーブスに似てたw
個人的にリスベットは短髪の方が好き。
asmin

asminの感想・評価

2.8
椎名林檎のライブやらディズニーシーやら、色々忙しく映画どころではなかったこの10日間。リア充週間です。
やっとミレニアム2、観れました〜。

運の悪い女リスベット。
今回は殺人事件の犯人として、警察に追われます。

やっぱり長いよ〜
もうちょっと削れたのでは?監督さん。

リスベットは、ミカエルとうまくいけばいいのに…と思うかたわら、この人のバイセクシャルなとこがイマイチよくわからん。
その設定、いりますかね?
バイの方、申し訳ありません。

火と戯れる女、って副題もこれまたよくわからない。

結構腕のいいお父さんと、強過ぎる兄が更に意味不明。
haz3

haz3の感想・評価

3.0
変わらず引き立つノオミのキャラクターは魅力的でした。

一方で、原作に忠実にしようとして、決められた枠内に何とか納めようと、物語は忠実何だけど、全体的に深堀りが足らなかったような気がします。

原作は1よりも2が好きだったんですがね、映画としては1の方が良かったです。
>|