ロボロッタ

天国と地獄のロボロッタのレビュー・感想・評価

天国と地獄(1963年製作の映画)
4.4
前半は身代金をめぐるスリリングな展開。後半は後半で犯人を徐々に追い詰めて行くというこれまたスリリングなストーリー。緊張感溢れるシーンの連続でこれぞ“息もつかせぬ”という言葉がピッタリな傑作サスペンスなのね。
犯人に対して、頭がキレる奴、大した奴だとか言ってるわりに、畜生だのキ○ガイだのそんな言葉が飛び交う。この犯人を演じた山崎努のスゴさですわ。ミフネも仲代達矢もブッ飛ぶ、まさに上記の言葉通りの犯人像を見事に演じとるワケです。
身代金受け渡しシーンは今でこそスリリングなすごいシーンとして観たが、小学生の時とかにこれ観てたら、モノクロというのもあって夢にも出てきそうなトラウマシーンになってたと思うわwwwてか黄金町のシーンなんて今観ても超怖えしwというワケで全体的になんか怖いよ。どうするよボースン。