ヤスヤス

天国と地獄のヤスヤスのレビュー・感想・評価

天国と地獄(1963年製作の映画)
4.3
現代劇ということで、気になりながらも、後回しにしていた作品をやっと観た。
最初こそ「侍姿じゃない三船敏郎は魅力半減」などと思って観ていたが、練られた脚本と演出に一気に引き込まれた。
こういう形の三船と仲代達矢の共演も見応えがある。
若き日の山崎努が演じる犯人像も興味深いが、研修医というところが微妙。この犯人には知性が必要とのことだろうが、犯行動機が弱いように感じ、ラストの面会シーンの熱演も今ひとつ説得力に欠ける。
モノクロでも豊かな色彩を感じることが多い黒澤作品だが、本作のパートカラーのシーンは印象的。