xyz

スローターハウス5のxyzのレビュー・感想・評価

スローターハウス5(1972年製作の映画)
3.5
トラルファマドア星、第二次大戦、過去、現在、未来、ぶっ飛んだ世界観と構成の妙が独特の風味を醸し出しています。なかなか香ばしい。
本作は一人の主人公が体験する悲喜こもごも波瀾万丈物語でして”バリーリンドン”や”フォレストガンプ”に近いLife is beautifulな映画。

時を自由に飛べるのかと思いきや、実はそうでもなさそうで、どんな原理でタイムリープしているのか興味をそそられます。ジャンプカットを多用した構成が良い意味でのチープ感と意味不明度を底上げしていて考えれば考えるほど混乱してしまいます。この訳も分からず時代を飛ぶ感じが絶妙!

複数の時代を追体験出来るという意味では少し前に観た今敏監督のアニメーション作品”千年女優”と似通った部分もあり、興味深く鑑賞出来ました。ただ想像していたよりも直接的なSF描写が少なく、その点では少し物足りなかったです。