片鱗ヘンリー

グロリアの片鱗ヘンリーのレビュー・感想・評価

グロリア(1980年製作の映画)
5.0
字幕で
少年フィルがどうも6歳にしては大人と対等に口を利きグロリアと対等に渡り合えるのがこの映画の醍醐味であるし、日本のおねショタものにはないもので面白いと感じました。(あっ、ペンギンハイウェイはどちらかといえば近いかな でもアオヤマくんは小4だったし…)
監督は、母性愛と性愛を併せ持つ作品を撮りたかったんだろうなぁ
会話もこのジャンルにしては品があって良かったです