ミストの作品情報・感想・評価

ミスト2007年製作の映画)

The Mist

上映日:2008年05月10日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「ミスト」に投稿された感想・評価

み

みの感想・評価

2.7
ミストというくらいだから、毒ガス的なものから逃げるのかと思いきや。
触手が出てきたときには、思わずパイレーツオブカリビアンを連想してしまった。でも、小さいクモがゾロゾロしているのは鳥肌モノの気持ち悪さ!
聖書おばさんとか、最後の主人公の行動は、日本人からすると、それは無いなあ〜〜と見えてしまう。
やるせない
りお

りおの感想・評価

2.9
つらい
ぴ

ぴの感想・評価

3.8
報われないお
鷺ノ宮

鷺ノ宮の感想・評価

4.0
忘れられなさはある
amh

amhの感想・評価

1.0
胸糞ラストランキング1位の映画。原作小説ではもう少し優しい終わり方だったみたいだけど、何で拗らせたんだ?灯りつけたらそりゃ虫来るやろ…。
リサ

リサの感想・評価

3.5
孤立した空間の中で絶望的な状況に瀕した時、人々がどのような行動を取るのかを描いた作品。停電して街や国、世界単位でどのようになっているのかまるでわからない状況になった際に、精神的にも肉体的にも追い詰められたら自分だったらどうなるかなと、映画を観終わってからずっと考え込んでしまいました。

映画のエンディングで「それしかなく、最善の方法だと思わざるをえなくなってしまった主人公の決断、行動」が死ぬことよりも酷い結末を迎えてしまう恐怖に鬱になってしまいました(^^;)あんなに後味の悪い作品でしたがそれ故に突き抜けた完成度の高さになっていたように思います。

観た後に鬱になる事必至ですが、おすすめの映画です。エンディングをあんな形にした監督に苦々しい笑みを送りたいです・・・(一応褒めの笑みです 笑)
a

aの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

初めて観た時のラストの衝撃は忘れられない。
デヴィッドらや視聴者は、信者を増やし扇動するカーモディ夫人をイカれたカルト教祖だと疑わない。しかし、ラストでそれが覆り、思い込みだったことに気付かされる。
"霧の中の何か"以上に、集団心理や極限状態に追い込まれた人間の怖さを突きつけられる作品。
leno

lenoの感想・評価

3.8
2.3年ぶりくらいの鑑賞で大筋は覚えてるくらいで観ましたが、やっぱり結末があ〜

主人公の気持ち考えたら泣くし、死にたくなる

この映画ってクリチャーがとにかく気持ち悪いし、怖すぎるけれどもそれよりも怖いのが人間なのでは…とか思っちゃうんですよねえ
最初は鼻で笑われてた感じなのにあの、オカルトチックなおばさんによって徐々に洗脳されていく人達。
目の前では信じられないようなことが繰り広げられ、次第に正常な判断ができなくなる人達。
集団心理というか小さなコミュニティの中でおける人間の怖さびしびし感じました。ある種社会の縮図みたいなスーパー。
ホラー・サスペンス映画のジャンルなのかもですけど、ある種人間ドラマ・ドキュメント的なものを観ている気持ちが私は大きいです。


予想を裏切らないバッドエンドですが、ハラハラして最後まで観れるので良作。
ただし、何回もは観たくない…
小娘

小娘の感想・評価

3.5
胸糞悪い終わり方is最高。
ママと震えながら見てた(笑)
>|