金融腐蝕列島 〔呪縛〕の作品情報・感想・評価

「金融腐蝕列島 〔呪縛〕」に投稿された感想・評価

M2

M2の感想・評価

4.0
バブル時の都市銀行と総会屋の関係を、大御所役者達の重厚演技ともに体験した。
昔の総会屋は怖いですね。
1997年に発覚した第一勧業銀行総会屋利益供与事件をモデルに、腐敗したメガバンクを再生すべく立ち上がった中堅行員らの奮闘を描く社会派作品。見せ場の株主総会シーンが緊迫感溢れる。リハーサルまでするということに、当時の総会屋の存在の大きさを知る。朝日中央銀行(ACB)の300億円不正融資。ミドル四人組。ブルームバーグテレビジョン。ウィンザーノット。ノーパンしゃぶしゃぶ。「呪縛を解くのはしんどいな」
今や大作任されるベテラン原田監督。本作公開当時はロボットSF「ガンヘッド」の監督というイメージが強くあって(ちゃんと観てないけど)、なんでこんなビジネス映画を?と思って観た思い出が。結果大変面白かった。大手銀行の不正融資スキャンダルに関わる細かくひりつく会話劇がリアルに感じられて飽きない。ビジネスドラマも良いもんだと満足。 クセある男たちのキャスティングが良かった。仲代達矢演じる銀行相談役の貫禄の演技と圧倒的な存在感と威圧感。その娘婿、役所広司の所在ない佇まいの内に秘めた正義感の発露。共に見事。
ぱさお

ぱさおの感想・評価

3.6
2018.9.23 U-NEXT
「検察側の罪人」のときも思ったけど原田監督の映画は良くも悪くも落ち着きのない忙しない作品だ。
冷静になって見ると爆笑もんのヘンテコな動きをしている人物、バツバツ割られるカット、謎のオープニング、理屈抜きで気づいたら盛り上がってるクライマックス、そのあらゆるアンバランスさが全て魅力につながっている。あと、椎名桔平サイコー
Yahiro

Yahiroの感想・評価

4.0
車中の椎名桔平がカッコ良い
めちゃくちゃ面白かった。
金環食との見合せがいいので、是非連続して見てほしい。
面白かった。
一番好きな日本映画
モモモ

モモモの感想・評価

3.5
日本で一番「頼れる右腕」が似合う男、椎名桔平。
>|