金融腐蝕列島 〔呪縛〕の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「金融腐蝕列島 〔呪縛〕」に投稿された感想・評価

Yuya

Yuyaの感想・評価

3.7
毎度お馴染み“頭の体操” 原田眞人監督の詰め込み授業ではあるけど このリアリティ この緊迫感を よくこれだけのスピードで保てるもんだと 余計な感心をしてしまう

いまや“総会屋”も “大蔵”さえ死語ではあっても 権力者やお役人の口実や しがみつくモンは 昨今空転気味な永田町と 誰かのお友達周辺を見回しても 何ら変わらないもんだと こっちは呆れるんだなぁ

ほぼほぼ原作通りだったけど 日比谷公園を囲う地理上の 地検やら会合の動きが面白かったなぁ
そりゃ 報道は園内を駆けた方が早いわな…
ブルームバーグを意識した女性キャスターの 男尊女卑への不満も当時の映画にしちゃ進んだ視点だよね

“取締相談役”から “取”を消して“相”は残す
なんちゅー言葉遊びしてんのよ
こんなイヤらしさを凶々と出せんのが 流石は仲代達矢
そんな恐ろしい時代があったのか
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.0
株主総会を前に、総会屋へ便宜を図った銀行の建て直しに心血を注いだ数名の若手...熱血正義感vs腐った銀行というその後のあの大ヒットドラマを連想させる図式。異常なほど早いテンポで次々と進んでいく会話劇を追いかけるのにはかなりの集中力が必要だが、いったん入り込めれば地味極まりないこの題材でも十分に手に汗握ることが出来る。いったい全部でギャラいくらなんだろう?と変なところが気になってしまうほどの(笑)渋い大物俳優たちの演技を様々な角度から捉え平面的なものに終わらせていないのも、飽きずに観られた要因。
sae

saeの感想・評価

-
記録

NC()①
バブル後の都市銀行と総会屋についてよくわかった。邦画でお馴染みの、いい顔するダンディーなおじさん俳優勢揃いという感じ。
KazurocK

KazurocKの感想・評価

3.1
役所広司、椎名桔平、佐藤慶、仲代達矢、根津甚八など役者さんたちの演技力すごい。圧倒的だった。ストーリーも大人向けで楽しめた。ラストの本宮奏風の凄みがホラーサスペンステイストだった。怖っ。監督は抜けが悪くて苦手な原田眞人監督でしたがこの映画は楽しめました。