ドッグヴィルの作品情報・感想・評価

「ドッグヴィル」に投稿された感想・評価

ジム

ジムの感想・評価

3.6
舞台のステージをそのままカメラで撮影するという斬新な設定にはじめは戸惑うけどストーリーに引き込まれてだんだん気にならなくなる。
登場人物の道徳観がもろくも崩れていく姿が描かれていて基本的に胸糞悪いままで映画は終わる。
悪い人間がまた別の悪人に裁かれているのに、まるで正しい制裁を受けているように感じるのは自分の道徳観もまた主人公の姿を追ううちに崩れてしまったんだと気付かされる。
間違いなく人に勧めにくい作品なんだけど同時に強烈に記憶に残る作品でもある。
LEON

LEONの感想・評価

3.7
セット無し、床にチョークで線を引いてるだけの舞台で役者の演技のみで3時間の内容の映画を上手くまとめてて感心した。

ストーリーは、とあるギャングの娘が親が嫌で逃げた先に辿り着いたドッグヴィル。彼女はここで住むために謙虚に働いていく。だんだんと町人の彼女への態度が悪くなっていき(レイプやなけなしのお金で買った物を壊されたりなど)彼女の不満が頂点に…その後の彼女のとった言動とは…

この映画は観ててあまり気持ちよくない(いわゆる胸糞)ですが、見てて引き込まれるものはあります。この映画、実は宗教に関連してるようでそういった観点で見るのも面白いです。キーワードはハッシュタグ付けときます。
Danny

Dannyの感想・評価

4.5
窒息するかと思った
全ての欲望の矛先は「優しい部外者」へと向かい、大人しく平凡だった町は姿を変える。見えない壁はむしろ閉鎖空間を助長させる…息も詰まるような監視社会で、民意が悪に呑まれた瞬間、「犬」は生まれる。グレースの父がグレースに説いたことは、ドッグヴィルの住人がグレースに強いた理屈と同じだ。
弱さとは善良の証か、はたまた免罪符か。赦しとは正義か、悪魔を生む母体か…裁きは何に導かれ、何を導くのだろうか。
二度と見ないだろう。胸糞映画。
NOVA

NOVAの感想・評価

5.0
(TSUTAYA)
riko

rikoの感想・評価

3.7
想像していたより映画的だった。 脚本と役者がしっかりしていればセットすら要らないって凄い
ところでデイビッド・ボウイのヤングアメリカンズにが流れるエンドロールはなんなの?
NORIDAR

NORIDARの感想・評価

-
こんなにも怒りに震える映画ない

やっぱきついわこの人の映画…
この映画を崇めたてまつっている。

想像力こそ最強!

それに勝るもの無し!!

幾重にも補完して

自ら映像世界を作り上げる感覚。

不自由が自由に!

ある意味伸びやか。
ysp

yspの感想・評価

-
これは凄い…ダンサーインザダークと比べるとラストはスカッとするけど、やっぱり観た後しばらく何とも言えない気持ちになる。結果的には観てよかった。
おすすめしたいけど、これは中々おすすめしづらい。。
cube631

cube631の感想・評価

2.7
奇妙な映画なんですぐに観るの止めようかと思った、セットで舞台みたいです。

最近、マーベル作品をずっと観てたおかげで
ヴィジョンが出て来たのと、美しいキッドマンのおかけで何とか最後まで観れました。

この映画鬼畜な奴しか出て来ません。
途中吐き気がして、怒りが凄く湧きます。

ラストはもっとじっくり殺ってよかったかね!
ざまあみろと思うが、やはり自分も住んでたらやるのかな。

後味より、途中が凄い胸糞悪い映画でした。
>|