manami

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qのmanamiのレビュー・感想・評価

-
破に続いてこちらも再鑑賞。
アスカ、抑えめ口調の「ATフィールド全開」かっこよ。ほんっと毎回思うけど、庵野監督の彼女に対する扱いの酷さよ。とことん痛めつけて辛い目に遭わせるね、何か恨みでもあるのかい?
そして「第3の少年」と呼称されることとなった永遠の14歳。相変わらずの反抗期で思春期で厨二道まっしぐら。こんなにもみんなが口を揃えて「やめろ」って言ってんのに、やる。「分からず屋」は自分でしょーが。
カヲルくんはやはり素敵。ベタだけどピアノ弾けるとかズルイ。「いつも君のことしか考えていないから」って、ちょっ、それ、カメラ目線でもう一回お願いします!
ストーリーは、いっきにスーパーロボット大戦感が強くなってるのと、観賞後の各自の考察ありきで成り立ってる印象。そしてここまでの軌道修正とラストに向かうための一作って感じで、これだけではなかなか評価しにくいな。

さて『シン・エヴァンゲリオン劇場版』はいったいぜんたいどうなってしまうのやら。やっと、ついに、ようやく観られるかというところで、また公開延期になったけど、でもエヴァTV版リアタイどハマり世代、劇場版1作目から見続けてきた私は、「公開を待たない」という、「庵野監督の新作を焦らされても心穏やかにいるためのスキル」を身につけてるので大丈夫です。待てます。待たずに待ちます。

101(100=キングダム再鑑賞)