ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの作品情報・感想・評価・動画配信

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q2012年製作の映画)

EVANGELION:3.0 YOU CAN (NOT) REDO.

上映日:2012年11月17日

製作国:

上映時間:95分

ジャンル:

3.6

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」に投稿された感想・評価

けい

けいの感想・評価

3.9
改めて見返し。

新劇場版で、一番の注目はQの展開だったと思う。

観客は常に、シンジくんへの感情移入と、シンジくんの行動のあやふやさにヤキモキする。
あと、エヴァ新劇場版シリーズで、実は最もエンディングの流れが好きな作品。
楽曲の素晴らしさと、ここからまだ続くんだという流れが綺麗。

この映画があるから、エヴァはよくなったなぁ。
cap

capの感想・評価

3.5
何が起きてるかビビるぐらい分からなかった。今日の研修内容と同じくらい分かりません。
ただすごいことが起きていることは分かった。そうやって楽しむものなんだろう。

碇ゲンドウはサングラスのイメチェンを実行しておりました。
分からなかった…
『レナードの朝』みたく、「ん?此処何処?」ってなってる間に終わった感じある

でも兎に角、シン観てみたいから一旦観に行ってみよう!話はそれからだ!
八木

八木の感想・評価

3.2
 破において、自己実現によって世界を終わらせるタイプの、ヒネつつもなくはないセカイ系の変異ストーリーを、作品自体の歴史の重みとともにかなり高次元で昇華しているように見えました。『エヴァらしくていいじゃない』と思っていたところ、Qに置きましては、「そういうのではないです」と、元少年たちのおやつとして消費されることを拒否してきて、『エ、エヴァらしくていいじゃない…』ともう一回思いました(面白いとは言ってない)。いや、どうも、天然で拒否してる感すらあるのが救えない。本人がそう呼ぶから現代アート、清掃員にとって空き缶といった、無敵の領域に踏み込んでいるエヴァの風情を感じながら、何とか理解しようと頑張って鑑賞いたしました(うるさい)(長い)
 冒頭の対使徒(一応こう書いてみる)戦は、エヴァが通常ロボットアニメであることを拒否する一つの要因であった、いかにも未来なコックピットとチームによる総力戦・勝利なんかは、これまでのエヴァのイメージからは想像つかない流れでした。どんくらい意図したのかわからんが。僕にもどうやら、エヴァがエヴァらしくある状態というものをある程度想定してしまっているようで、『人間の血の匂いがする感じがこの作品のキモっすよねぇ』とか考えてたらあっさり裏切られ、どうやって調達したかわからんヴンダーのメカメカしさにキャッチされました。

 しかし今作は「破」で見られた軟弱エンタメ要素を排し、ハードにシンジくんのメンタルを絞り上げることに精を上げておると同時に、「リリン」「ガフの扉」「カシウス/ロンギヌスの槍」「アダムスの器」「カヲル登場」云々、初耳の何かをひたすら牽制され続けて、視聴者を精神攻撃することに余念がありません。破では、主人公の成長とその礼賛+世界の破滅という、この上ない多幸感があったのに対して、Qは壮絶愛妻マンが、破のラストで得たシンジの自我すら利用するという方法でもって、続き物として見事に同じラインで別の見せ方に成功しています。成功してる、って言い切っていいんですかね?どうですかね?これ多分2012年に語りつくされてますよね?
 ほんで完結が2021年でしょ。これファンの人まじでよく待ったな。この完結、まだ当然見ておりませんが、完結しているということ自体、Qまでを鑑賞した時点で、素晴らしいことのような気がしております。おめでとうございます。

 少なくともQにおいては、14歳たちがそれぞれの理由で「乗るしかない」という状況に追い込まれ、それぞれが成長したりあきらめたりするというドラマを分厚く見せるつくりではないです。
 よくわかんない状況に放り込まれたシンジくんが「何を言ってるのか、全然わからないよ!(実際言ってて正直笑った)」ってずっと思って、とりあえず最速で解決しようとしたら全部最悪の選択肢だった(終)、です。
 やっぱレイがアスカの掛け声で何か気づきそうになる場面とか、ラストの3人で歩くとことか好きだったので、このコンテンツが落ち着くべき場所に落ち着いてほしい、という願望が僕にもいよいよ芽生えたのだと思います。冬月がゲンドウ意外と会話してるシーンとか、ちょっと心があったかくなりましたし。実際のところ、ゲンドウがどういう形で目的を示現するのか、その形も気になってますし。

 つーことで時間と気持ちに余裕がありましたら、シンのほう鑑賞したいと思います。
ままま

まままの感想・評価

3.5
正直、よくわからない。

誰か教えてください。

このままシンを観に行って、

果たして終われるのか。

エヴァから卒業できるのか。
yyykkk

yyykkkの感想・評価

3.7
結構、話が複雑で難しかった。
サクラ

サクラの感想・評価

2.1
何もわかんないよ…
ys

ysの感想・評価

3.0
記録
Knagayama

Knagayamaの感想・評価

3.5
エヴァを初めて見た時の「理解はできないけど、何か壮大なものを見てしまった」あの時の感覚を思い出した。
>|

似ている作品