通りすがりの者

贖罪の通りすがりの者のレビュー・感想・評価

贖罪(2012年製作の映画)
3.5
イヤミスの湊かなえということで
鑑賞後どんよりすることがわかっていても
みてしまう。
小説とは違うけど、田舎町で一人の少女が殺害され、犯人を目撃したはずの四人の女の子からは、有力情報なし。それから15年、負の連鎖が始まる