I’M FLASH!の作品情報・感想・評価

「I’M FLASH!」に投稿された感想・評価

不思議な世界観。

新興宗教の教祖をやめたい教祖
教祖を殺したい母親
教祖のボディーガード

教祖に復讐したい女
何を言いたいのか理解できなかった。意味があるようでないような。中村達也さんはどこに出てたのか?タイトルの意味は?何もわからなかった。希子ちゃんはこの映画でもある意味すべて狂わせるガールだった。
MK

MKの感想・評価

3.3
記録
突然

突然の感想・評価

3.0


晩餐からの銃撃戦まじで目が覚めます。
それまではウトウト、ほとんど集中してなかった。

最後の最後の松田龍平のあいつ、神様信じたくなりやがったなが死ぬほどカッコ良かったです。
e抜け

e抜けの感想・評価

-
藤原竜也、蜷川幸雄の舞台を主演以降、実力派として名を馳せるが、くどい演技に拍車をかけた『カイジ』により、何をしても滑稽になる呪いをかけられてしまう。本作品でもその呪いは健在で、最早狙っているとしか思えないが真に迫った演技を度々目撃することができた。
飲酒運転による事故を起こし、相手を死亡させ同乗者を植物人間にしてしまったある宗教団体の若きカリスマ的教祖。
事故にまつわる一連の事により、彼の考えは変わり始める。時を同じくして教祖の身を守るため、教団の指示によりボディーガード3人が配属されるが…といった話。

プロットは悪くない、むしろ惹かれる題材。しかし怪しげな宗教団体が描かれたり、彼らと接するボディーガード達がどうなるか…なんてものを想像していたが全然違うものだった。
割と絵的に必要とは思えないシーンが多く、むしろボディーガード達いる?くらいとも思える。ラストの描き方なんてぽっと出の奴にやらせれば事足りるような。

つまらなくはないけれど、もっと凄い事が起きると思って観ていたが結局大したことは最後まで起きなかった…そんな印象。
どこか〝青い春〟に似た雰囲気だと思ったら同じ監督だった。
SHIGE

SHIGEの感想・評価

2.5
プロットは面白いし
嫌いな作品ではないけども
何か軽い
上手く言えないけども
入りこめずグッとくるものは無く
手応えがなかった

北野作品を意識しているような
雰囲気とか映像感覚が
そういう気持ちにさせるのかもしれない
tom

tomの感想・評価

2.8
新興宗教一家の若き教祖竜也。希子に出会ってから苦悩し始める。そしてボディーガードとして雇われた龍平たち。意外とドンパチしてた。
>|