ウェイバック 脱出6500kmの作品情報・感想・評価・動画配信

『ウェイバック 脱出6500km』に投稿された感想・評価

当時の時代背景と自由を手にするための過酷さが分かる
はる

はるの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

アメリカに行くんじゃないのか

" 自由 "
になってもどうしていいか分からない



ミスター! 共産主義よ

ここもか



責めることはないんだ

生きてそれを伝えたい
toa

toaの感想・評価

3.2

良かった。あらすじの通りひたすらに歩くお話で、エンタメ性は低いかもしれないけど、時代や境遇を踏まえれば、とてもドラマティックだと思う。
俳優陣がいい。エド・ハリスの深み、シアーシャ・ローナンの清涼感…

>>続きを読む
国によって戦争による環境が違う時代。幸せを求めて逃げ出す。平和って温かい。

とにかく6500kmもの距離を歩ききったメンタルがスゴイ!

監督自身も本作は「本質的にはフィクションである」と語っているそうですし、実際にはどこまでが事実なのかは疑わしいと言われている出来事らしい…

>>続きを読む
メンタルやばい

撮り溜めビデオで年始1本目

第二次世界大戦中、ソ連の収容所に収容されたポーランド人が、氷の牢獄シベリアを抜けだし、バイカル湖、シベリア鉄道を渡りモンゴルをこえチベットからインドへ逃げ出す、実話ベー…

>>続きを読む
ゆ

ゆの感想・評価

4.0

自分たちが想像している過酷さというのは本当の過酷では無い。
生にしがみつき、生きる希望を捨てようとし無いこと。どんなことがあっても差別は無くならないし、戦争というものを知らないといけない時代なんだな…

>>続きを読む


過酷な旅路に挑む男たちの壮絶な運命を描く。

1940年、スターリン体制下のソ連。ポーランド人兵士のヤヌシュは無実のスパイ容疑で逮捕され、シベリアの矯正労働収容所へと送られる。寒さと飢えと重労働で…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事