Mikiyoshi1986

残虐全裸女収容所のMikiyoshi1986のレビュー・感想・評価

残虐全裸女収容所(1972年製作の映画)
3.7
5月26日は"世界のゴッド姉ちゃん"こと、女優パム・グリアのお誕生日!
御年69歳ながら、その美貌は未だ衰えることを知りません!

ロジャー・コーマン製作、ジャック・ヒル監督、そしてパム・グリアのスクリーンデビュー作となる『残酷女刑務所』は、70年代のいわゆる女囚モノの先駆けとなり大ヒット!
続いて再び上記の3人が集結し、似たような女囚映画を撮ったのが本作『残虐全裸女収容所』であります。

全編フィリピン・ロケを敢行し、僻地の女囚強制収容所を舞台にエロとバイオレンスが大炸裂するB級娯楽作!

革命団の紅一点パム、その一味に間違われ誤認逮捕されてしまった首相の愛人アニトラ・フォード、そして収容所の看守は皆ゲイという素晴らしい設定。

前半はじっくり収容所の内情を紹介していき、強制労働や体罰、更には視察に来た役人の性接待までさせられるという、腐敗体制への怒りを徐々に募らせていきます。
後半は女囚たちを革命団に取り込む目的で、パムが潜入スパイを決行。
体制側vs革命側という分かりやすい代理戦争の行方や如何に?!

あくまでパムは準主役、本当の主役はアニトラであり、
分かりやすく『野良猫ロック』で例えるならアニトラ=梶芽衣子、パム=和田アキ子の図式。

パムはかつてタランティーノ少年の自慰の対象であり、
その後パムの代表作『Foxy Brown』へのリスペクトを込めた『Jackie Brown』を彼女主演で制作。

またパムの活躍をきっかけに、日本では東映ピンキーバイオレンスが生み出されることになるのでした。