貝崎

恋の罪の貝崎のレビュー・感想・評価

恋の罪(2011年製作の映画)
3.0
初めからエロい目でしかみてなかったのに、なかなか面白い映画で適当に観てしまったことにちょっと後悔。でもやっぱアブノーマルすぎるポルノ映画。

いずみ(神楽坂恵)が鏡に向かって実演販売するシーン秀逸だった。女はカラダひとつで自分に意味を見出だすことができる。いずみが解放された瞬間だった。
一方美津子(富樫真)は素晴らしい詩を語って含みを持たせていたけどその解釈はまったく理解不能で、彼女は彼女でカラダで意味を見出だそうと狂ってた。いずみを巻き込んで。

良いシーンもたくさんあるのに、こんな変態女ばかりを描いてるあたり、女として共感できるはずがないので、ポルノの域を出られない。