いちこ

恋の罪のいちこのレビュー・感想・評価

恋の罪(2011年製作の映画)
3.8
「言葉なんかおぼえるんじゃなかった」

繰り返し出てくる詩の意味も、「言葉の意味って、体のことなのよ」の真意も、ふたりの女性が堕ちていった背景も、うまく捉えられないまま、ずっとぐるぐるしてる。

映画を見る人にわかってもらおう、みたいな配慮が感じられなくて、「わからないなら、わからないままでいい」って突き放されてる感じが、逆に好きだと思った。

現実にはなかなか実在しなさそうな人を、さも実在しそうなレベルで描けるの、本当にすごい。

ずっと気を抜けないから見終わった後はぐったりするけど、不思議と引き込まれてしまう映画だった。