Tig

コンフィデンスマン ある詐欺師の男のTigのレビュー・感想・評価

2.7
相棒を殺すか、二人とも死ぬか。そんな選択を迫られて相棒を殺し服役していた男をサミュエルが演じます。出所した後に近づいてきた男はかつて殺した相棒の息子。詐欺を持ちかけてきますが、断るサミュエル。しかし無下にはできず。その過程で思いがけぬ出会いもあり、結局持ちかけられた話に乗らざるを得なくなります。ストーリー自体は悪くないと思うんですが、自分はやや退屈で冗長に感じてしまいました。終盤もう一捻り欲しかった…救いがあるようでないというか。詐欺が題材なのにスカっとかます局面はなく、あまり気持ちの晴れない映画です。