CORO3

宇宙人王さんとの遭遇のCORO3のレビュー・感想・評価

宇宙人王さんとの遭遇(2011年製作の映画)
3.0
DVDで鑑賞。
タイトルが気になっていて鑑賞。

てっきり『宇宙人ポール』のようなコメディと思っていたら、シリアス路線でビックリ。

中国語の女性翻訳家ガイアに、怪しげな仕事の依頼が。
イタリア語との同時通訳だが、目隠しか暗闇の中で相手が見えない状態。
暗闇では通訳出来ないと電気をつけるとそこには中国語をしゃべる宇宙人の「王さん」が。

ここからは、シリアスなやり取りが続き、引き込まれながら観れた。

主人公のガイアは、かなりの美人さんで好み♪

オチはまさかのバッドエンドで、なかなか良かった。
これも良作B級映画に入るかな。

2016-021