ダース米田

ヴァン・ヘルシングのダース米田のレビュー・感想・評価

ヴァン・ヘルシング(2004年製作の映画)
2.8
舞台はトランシルバニア。
その地方を牛耳るドラキュラ伯爵を倒すべく、モンスターハンターの男ヴァン・ヘルシングが立ち向かう。

X-MENのウルヴァリンで有名なヒュー・ジャックマン主演の作品。
なんとこの作品でも「過去の記憶を失った男」という設定(笑)
クロスボウや拳銃など様々な武器を用いて敵と戦う姿が描かれています。

吸血鬼や狼男といったユニバーサルお馴染みのキャラクターが登場する作品で、アクション映画としてはまずまずの出来映え。
ただ、この手の作品だとどうも似かよった作品ばかりな印象があり、他の作品より差別化出来てるかは微妙なところ(アンダーワールドのケイト・ベッキンセールが出てるのも狙ったのかな(^^;)。

ラストもなんか微妙な終わり方だったな。
ちなみに製作費は1億6000万ドルと、当時としてもかなりの高額予算なのですが、映像やスケール的にもそこまで予算がかかってる作品には見えなかった(--;)