アルゴの作品情報・感想・評価

アルゴ2012年製作の映画)

ARGO

上映日:2012年10月26日

製作国:

上映時間:120分

3.8

あらすじ

「アルゴ」に投稿された感想・評価

文豪

文豪の感想・評価

4.3
2019/03/18

ドキドキ感が最高
緊縛溢れる脱出劇!
イラン革命時に実際に行われたイラン脱出のノンフィクション映画。
アルゴという架空のSF映画をでっち上げ、脱出予定の6人をスタッフに身分偽変させイランから脱出させるという作戦をたてるものとなっている。
ベンアフレック演じるはクールで無個性すぎてあまり感情移入しづらいキャラだった。しかし、脱出予定の6人のそれぞれの人間描写や考えが対立し合うことでより緊迫感のある描写がされていた。
脱出劇が始まるまでは退屈だったが始まると面白かった。
緊迫感がよい。主人公がスマートすぎて無個性なのが少し残念。ただシナリオラインは秀逸。
sato

satoの感想・評価

3.9
緊張した。
手に汗握る展開。
6人の大使館員の膠着したカナダ大使私邸での潜伏期間、スターウォーズのバッタもんまるだしのダミー映画の制作過程、ハラハラドキドキ危機一髪の脱出劇、サイドストーリーとしてCIAメンデスの家庭の事情まで、とてもわかりやすい流れで描かれている。
それまでのイランとアメリカの因縁を思うと革命に巻き込まれた民間人の脱出はいいとしても最後になんだかアメリカのちょっといい話になってるような気がして釈然としない気持ちにはなる。
潜入CIA捜査官メンデス役のベンアフレックはヒゲ面ながらハンサムが漏れ出てた。
Koichiro07

Koichiro07の感想・評価

4.5
ドキドキする。長すぎず、集中して観れる
終始緊迫感が凄い。
実話だからこその面白さ。
2019|80
www

wwwの感想・評価

3.4
今見たら面白いんだろうか
退屈だった思い出
>|