いつみ

SHAME シェイムのいつみのレビュー・感想・評価

SHAME シェイム(2011年製作の映画)
4.0
理性的に頭ではわかっていて、羞恥心だって感じるのに、抑えられない衝動。その衝動の裏にある根深い心の闇。
依存せざるおえない、そうでないと生きていけないほどの。

事柄は色々でもなにかの依存症な彼らはどこか自暴自棄で幸せになる事を恐れているようで、不器用に自分を持て余す姿が観ていてすごく痛々しくて苦しかった。

最初から最後までずっとずっと苦しんでる。その姿に人間臭さをめっちゃ感じました。

ラストに良い兆しをみる事ができて良かったです。