バッファロー’66の作品情報・感想・評価

「バッファロー’66」に投稿された感想・評価

Kota

Kotaの感想・評価

5.0
“最悪の俺に、とびっきりの天使がやってきた”

大好きな映画。年に数回は観るし、観るたびに良くなっていく不思議な映画。ヴィンセントギャロの才能が全て詰まっている。CGも無く派手でもなくこんなにも緩くて静かなのに面白い映画を今まで見たことがない。

舞台は60年代ニューヨーク州バッファロー。いきなりトイレを我慢するビリー(ヴィンセントギャロ)のシーンから始まりそのまま近くにいたレイラ(クリスティーナリッチ)を婚約者として家族に紹介するために誘拐。ビリーの実家は本当にヴィンセントギャロの実家である。そして特に好きなのが4人が食卓を囲むシーン。普通ならば会話に合わせて肩越しショットで撮るところを彼はあえて映像学のルールを破り、1人の視点に合わせ3人が見えるショットを回している、誰もがこのシーンを見た時に一度は違和感を感じると思うけど、4人が互いに仲が良くなくて、三人見えてれいば会話が成立する事を表現するのには完璧なショット。

レイラ役のクリスティーナリッチも不思議な魅力を終始感じさせる。彼女じゃなかったら成り立たないだろうなぁ。彼女はほとんど自分の事を語らない。ただ、ビリーが話している時ビリー本人よりもレイラがただ頷いているだけのクローズアップが何度も写しだされる事で、彼女の包容力や優しさを表現している。それだけで十分。実際ギャロも彼女が自分の事を語るシーンを撮ってはみたが全てカットしたみたい。

そしてラスト5分。結末に触れるので細かくは言わないけど、あの5分が素晴らしすぎる。人と人が出会ってほんの少しだけ世界が明るくなる感じがたまらない。好きなラブストーリーは?と聞かれたら間違いなくこれを挙げるよね。
LIAM

LIAMの感想・評価

3.7
平和島のボーリング場で朝までボーリングしたあとに、懐かしくなって観た。何というわけでもないけど、癖になる映画。男たる者、ギャロばりのボーリング技術持ち得たいよね。
さと

さとの感想・評価

4.0
何回観ても飽きない作品。
4人でテーブルを囲むシーンが大好き。なんとも言えない空気がリアルに伝わり笑えますw
ラストはキューーン❤️&ニンマリ😆しちゃう

クリスティーナ・リッチが可愛いのなんのって!
この映画観て赤いブーツを買いましたw
aJi

aJiの感想・評価

4.0
寂しい男の虚勢と変化。宛のない感じが好き。
クリスティーナ・リッチがかわいい。
Tom

Tomの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

短気で見栄っ張りで自信家で情緒不安定なイケメン・ビリーと、ゆきずりの女性・レイラとの一日の物語。
ビリーがレイラを拉致して実家へ連れて行くという無理矢理な展開から始まったのに、いつの間にやら相互依存の関係。
随所でふっと笑えるシーンあり。
デニーズはアメリカ発祥だったのね。
kesuyo

kesuyoの感想・評価

4.2
ミニシアター全盛期の最高傑作
xoxo

xoxoの感想・評価

4.5
はちゃめちゃなのに愛しい
かぐ

かぐの感想・評価

4.9
空気感
音楽
インディー性
どれをとってもこれ以上なく整然と組み合わさっている
>|