バッファロー’66の作品情報・感想・評価

「バッファロー’66」に投稿された感想・評価

また見た。人生で1番かも。なぜそんなに好きなのか。ビリーが自分と同じ種類の人間だからだ。レイラのような女性が好きだからだ。このラストシーンを自分の人生で望んでいるからだ。異常なほどに好きな映画です。
Hana

Hanaの感想・評価

3.2
借りたDVDが元から字幕無しだったのか、どうなのか、、頑張って字幕無しの英語で観たので、ところどころ伝わらないニュアンスがあったのでもう一度しっかり観たい。
最後にはほっこりした気持ちになって観れました。
レイラがとってもセクシー&可愛い。
しょん

しょんの感想・評価

5.0
ヴィンセント・ギャロが最高にダサくて、かっこよくて、切ない。
そして今まで見たすべての映画の中で最も好きなヒロインをクリスティーナ・リッチが演じる。
きまずい家族との食事シーンなど、童貞全快主人公の痛々しい姿など、コメディテイストでありながら心を突き刺すシーンが満載。
マイベストムービー。
takuboo

takubooの感想・評価

3.7
ほっこり
おたぬ

おたぬの感想・評価

4.0
何回も観てる映画。2018年27本目。
もはや作業用BGM。

ダメ男ビリーと、ちょっとダメだけど、むちむちで素直で可愛いレイラ。
可愛くって、純粋で、幸せになる。
昔の映画の画質の荒さも、芸術的なコマ割りも、映像も、タップダンスもボーリングも、全て全てが好き。50本目のレビューは絶対絶対好きな映画にしたかったから、手に取れてよかったなあ。
ヴィンセントギャロ本当にかっこいい。
話もジワジワおもしろい。
部屋にポスター貼ってた永遠の青春映画
リサ

リサの感想・評価

2.5
あまり覚えていない
少し歪だけどピュアなストーリー
寒々しい雪と物悲しい雰囲気の中に映える赤いブーツの男が繰り広げる物語

途中少し退屈なところもあったけど、面白いカットもあった
あとレイラがエロい
SUI

SUIの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

劇場公開時に気にはなっていたもののそのままスルーしてはや20年、huluで目にとまったので見てみた。
その結果、なぜもっと早く見ておかなかったのかと少し後悔。

内容はまったくたいした内容ではない。
しかし、ビンセント・ギャロの気持ち悪さとクリスティーナ・リッチのプリティーさが、俺の心をギュッと掴んではなさない。

特筆すべきは監督ビンセント・ギャロのユーモアのセンス。
冒頭で延々とトイレを探すくだりからもうくだらなさ過ぎて笑える。
せっかく出所した刑務所にトイレを借りに戻ろうとしたり、あちこちトイレを探した結果見つからずにキレはじめてみたりと、当の本人はいたって真剣。

自分の一番のお気に入りは、ビンセントとクリスティーナが二人で一緒のベッドで寝転がるところ。
ちょっと良いシーンが始まるのかなと淡い期待を抱いていると、クリスティーナの横できをつけの姿勢でガチガチに緊張して、マッチ棒のごとく固まってしまうビンセント。手を出さないどころか目すら合わせず、微妙な距離感が拒絶の意思を静かに訴えている。って…、「てめぇ、ビンセント・ギャロのクセに童貞感丸出しだじゃねーか!」と桃色の期待を裏切られた憤りも忘れてつい吹き出してしまった。

繰り返しになるけど内容はたいした内容ではない。
この作品がまとうおしゃれな雰囲気に、無条件に嫌悪感を抱く人も多いだろう。
でも、見るべきところはそこでない。そんな瑣末なことでこの作品の本質を見誤るのはちょっともったいない。

自分にとっては、琴線に触れる最高の映画だった。
>|