バッファロー’66の作品情報・感想・評価

「バッファロー’66」に投稿された感想・評価

また見た。人生で1番かも。なぜそんなに好きなのか。ビリーが自分と同じ種類の人間だからだ。レイラのような女性が好きだからだ。このラストシーンを自分の人生で望んでいるからだ。異常なほどに好きな映画です。
saki

sakiの感想・評価

3.6
食卓のシーンが変わってる。
全員が映るようにカメラ側を空けて座る配置じゃなくて、日常生活でそうするように、机の4辺に1人ずつ座ってそれぞれの目線で3人ずつが代わる代わる映る。同じ場所なのに違う場所みたいに映る。回想の仕方もパワポのアニメーションみたいで不思議。
冴えない男の妄想みたいな映画だけど大好き
キャラクターも、映像、音楽、洋服も
センスが好き
mikenekos

mikenekosの感想・評価

3.9
登場人物にまともな奴が一人も居ない不思議な映画。カメラアングルや演出も少々変わっており、この作品特有の不思議な雰囲気を更に際立たせている。主人公は神経質で怒りっぽく、中々の変わり者。両親に居もしない妻を紹介するとのたまい、見知らぬ女性を誘拐して妻を演じさせるほどの変人である。話が進むにつれて、どうして主人公の性格がここまで歪んだのか明らかになるのだが、それにしたってレイラの寛容さは異常極まりなく、クリスティーナ・リッチの可愛らしい外見と相まって、まさに天使のようだった。結末も良い。面白かった。
ちひろ

ちひろの感想・評価

3.9
そんな終わり方もしそうだったから狼狽えたけど、ハッピーエンドでよかった…!
レイラちゃんのかわいさ。
Manzo

Manzoの感想・評価

3.8
ダメ誘拐犯と彼に尽くしてしまう犠牲者のヴィンセントギャロー妄想映画。幸薄そうな主演監督の物語と映画を救ってくれるのはぽっちゃり天使の様なクリスティナリッチ。
こんなにも登場から20分で観ている人を胸糞悪い気分にさせた主人公がこの作品以外にあるだろうか?

そしてその60分後には、こんなにも純粋無垢な少年みたいな心を持った男に胸を打たれる映画があるのだろうか?

ミニシアターブームの火付け役となった傑作中の傑作。ヴィンセント・ギャロの才能が爆発し、それをクリスティーナ・リッチが見事に色彩豊かに仕上げている。

何度でも観たい
BOKUHIKARU

BOKUHIKARUの感想・評価

3.9
2回目のバッファロー。
BGM含め最高の雰囲気映画。
>|